課長職にマネジメントの革新を!
RSS

個人衛生チェックリスト~食品衛生の3原則

個人衛生チェックリスト~食品衛生の3原則

(2011年6月22日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

食品衛生に取り組むその前に、個人衛生の基本的な事柄をチェックしてみましょう。

 

こんなこと考えたり、したりしていませんか?

食品イラスト.jpg

 

 □手洗いは、時間とは関係なし。とにかく洗えばいい
 

 □付けまつげや付け爪は取れなければつけていてもいい
 

 □シンプルな指輪なら、いちいち外さなくても大丈夫
 

 □お腹の調子がちょっと悪いけど薬を飲んだから大丈夫
 

 □マスクは呼吸が楽になるように鼻を出して使っている
 

 □きれいな段ボールに入っている食材なら、そのまま調理場に運んでもいい
 

 □まな板・包丁はしっかり洗剤で洗えば、いちいち肉・魚・野菜など使い分けなくてもいい
 

 □材料や調理したものは冷蔵庫[室]に入れておけば安心
 

 □冷凍庫[室]は隙間がないようにぎっしりと詰めたほうがいい
 

 □消毒は、時間がないときは一日くらいやめてもいい

 

いずれも、やってはいけないことばかりです。

「ちょっとくらい」「私ひとりくらい」といった油断が食中毒や異物混入のもとです。

決められたルールや手順を守りましょう。

 


 

小林一寛   こばやしかずひろ
 

1943年大阪府堺市生まれ。医学博士、獣医師。1966年大阪府立大学農学部獣医学科卒業。同年、大阪府立公衆衛生研究所公衆衛生部微生物課に入所。研究員、総括研究員、感染症解析プロジェクトリーダー、感染症部細菌課課長を歴任。2004年大阪府を定年退職。その間、大阪府立大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻客員教授、大阪府立看護大学医療短期大学部臨床検査学科非常勤講師、文部科学省学校給食衛生管理推進指導者派遣巡回指導事業委員会指導委員等を歴任。
2010年現在、サラヤ株式会社学術顧問、大阪大谷大学短期大学部生活創造学科非常勤講師、関西医療大学保健看護学部非常勤講師、堺市学校給食安全衛生推進専門家会議委員。
<主な著書>
監修『みんなで防ぐO-157』(ぱすてる書房)、分担執筆『食中毒予防必携』『食品衛生検査指針 微生物編』(以上、日本食品衛生協会)、『感染症の事典』(朝倉書房)、『新感染症学』(日本臨牀社)等多数。

 


 

『食品衛生の3原則ハンドブック』

「食品衛生の3原則」を実践するにあたり、特に重要な点をピックアップし、好ましくない考え方や方法をまじえながら、「なぜそうしなければならないのか」「守らないとどのようなことが起きるのか」などを簡潔にわかりやすく解説していきます。


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ