課長職にマネジメントの革新を!
RSS

朝一番から声を出す~玉川恵【施工現場の安全ちょっといい話】

朝一番から声を出す~玉川恵【施工現場の安全ちょっといい話】

(2013年7月24日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

施工現場の安全を確保し、労働災害を防止するために、毎日の朝礼は欠かせないものです。
 

 

『安全ちょっといい話』(玉川恵 著)から、施工現場での朝礼時、作業者あるいは周辺の方々に語りかける話題をご紹介します。

 

「おはよう!」と大きな声で言えますか?

朝だから……というだけで元気の出ない人、小さな声しか出せない人はいませんか。

こちらが元気よくあいさつしているのに、あいまいなあいさつしか返されなかったり、小さな声であいさつされるのは、朝から気分が悪いものです。反対に、大きな声でにこやかにあいさつされると、こちらもつられて元気なあいさつを返したくなります。しっかりと声を出せば元気が出て体調もよくなり、職場にも活気が満ちあふれます。

こ承知の通り、私たちの働く場所は主に屋外であり、ただでさえ作業音や交通音、自然音などで発声がかき消されがちです。「おはよう」のひと言も、しっかりと声を出し感情を込めないとなかなか相手に届きません。それにもう一つ大事なことがありますね? とっさの危険を知らせる場合、大きな声を出せないと周囲に伝えられません。

大きな声は、朝から普段から意識していないとなかなか出せないものです。KYの一環としても、まずは元気な朝のあいさつから始めてみてはいかがでしょうか。

 

■■POINT■■

マナー面でもKY面でも元気のいい挨拶は必須。

出勤前のうがいや軽い体操で声を出す練習をするのもよい。

 

出典:『安全ちょっといい話』~毎日の朝礼に使える30話(2010年・PHP研究所・販売は終了しています)


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ