課長職にマネジメントの革新を!
RSS

労働安全衛生法に則った事故防止の教育テキスト

労働安全衛生法に則った事故防止の教育テキスト

(2016年5月30日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

事業者と作業者の心がけで事故・災害は未然に防げます。労働安全衛生法に則った事故防止のための教育をご紹介します。

 

*   *   *

 

安全軽視は莫大な利益を失わせる

この世に命ほど大切なものはありません。健康だってそうです。仕事現場で安全活動に取り組むということは、生命・身体におよぼす危険を避けることにとどまらず、人の成長を促し、企業の利益にもつながっていきます。それは、労働者一人ひとりの人格を尊重するということでもあります。

安全活動では、経営者から現場まで働くすべての人が「安全活動にみんなで取り組もう」という心がまえをもつことが大切です。働く人たちはすべて仲間であり、誰一人としてケガをさせたくないというという信念が、安全活動の基本となるのです。

株式会社は利益を出すことが社会的使命ではありますが、その利益を生み出すのは、そこで働く人たちであり、また、万一事故ということになれば、「見舞金」「賠償金」「治療費」などといった損失が1億円超ということにもなり得ます。利益という面からみても、安全活動は企業にとって最も重要なものなのです。

 

労働安全衛生法とは

働く人たちの安全のために定められているのが、労働安全衛生法です。労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする法律です。安全衛生管理体制、労働者を危険や健康障害から守るための措置、機械や危険物・有害物に関する規制、労働者に対する安全衛生教育、労働者の健康を保持増進するための措置などについて定め、職場の安全衛生に関する網羅的な法規制を行っています。

労働安全衛生法第59 条(安全衛生教育)および同規則第35 条に則り、労働者は事業者による安全・衛生の教育を必ず受けなければなりません。事業者も新規に採用したときには、次のような安全衛生の教育をすることが義務づけられています。 

 

●安全装置、有害物抑制装置、保護具の取り扱い等

●作業手順、作業開始時の点検、疾病の予防等

●事故時の応急措置その他安全衛生のために必要な事項 ほか

 

さらに、具体的な教育内容や実施状況を記載した「安全衛生教育実施結果報告」を毎年度労働基準監督署に提出することが義務づけられています(規則第40 条の3)。

 

安全・衛生の教育・研修は、事業者の義務

このたびPHP研究所から発刊した『安全衛生の心がまえ~日々の安全は心がけを第一に』は、災害を未然に防ぐために、作業を安全に進めるためのポイントと心がまえを、イラストを用いてわかりやすくまとめたものです。前半部分では事業者が押さえておくべきポイントを、後半部分では作業者が心がけておくべきポイントを紹介していますので、まずは、経営者や安全教育責任者に、このテキストを読んでいただくことをお勧めします。

一方、労働者は、作業の習得だけでなく、災害防止の観点から学習は欠かすことができないものです。定期的に講習会を催し、テキストの内容はしっかりとマスターするような教育機会を設けるようにしましょう。

事故・災害・トラブルは「会社の意識の問題」「管理・監督の安全意識の問題」「社会システム・自然環境の問題」「設備・工具点検の問題」「本人の安全意識の問題」「人間関係の場づくりの問題」という6つの要因があるとされています。その6つを追究すると、90%以上が人間の心(意識)の問題として浮かび上がってきますが、これらのほとんどは日々の教育でその芽をつむことが可能です。会社の管理監督者は、その芽をつむことが仕事なのです。本書の各ページのわきには「安全標語」をインパクトのある文字で記しています。朝礼での唱和など、毎日の習慣として取り入れることをおすすめいたします。

 

安全衛生の心がまえテキスト

 

人間は必ずミスをするものです。事故やトラブルの多くは故意ではなく、気の緩みや、作業時間の短縮や作業行動の効率化に端を発しています。そういった前提で、管理監督者が日々の細かな作業を一つひとつ見直し、労働者に安全作業の対する意味を再度考えさせることで、事故の防止を図ることができます。

人間の行動は習慣がつくりあげるといわれています。企業活動もまた同じです。安全に対する意識と教育を習慣化し、事故やトラブルのない職場、会社をつくり続けていきましょう。

 

(PHP研究所 マネジメント出版部 佐藤義行)

 


 

【関連商品】

 

安全衛生の心がまえ 事業主必携・新規入場者安全教育教材

『安全衛生の心がまえ』~日々の安全は心がけを第一に~

 

著者:黒田クロ[著]

税込価格: 540円(本体価格 500円)

仕様: B5判・並製・40ページ

災害を未然に防ぐために、作業を安全に進めるためのポイントと心がまえを、イラストを用いてわかりやすくまとめたものです。前半部分では事業者が押さえておくべきポイントを、後半部分では作業者が心がけておくべきポイントを紹介しています。事業者から作業者まで、全員で安全活動に取り組むためのテキストとしてご活用ください。

 

 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ