課長職にマネジメントの革新を!
RSS

トップが語る私の経営観~赤岩 茂

トップが語る私の経営観~赤岩 茂

(2010年11月12日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

「君ならできる!」 人間は親によって育まれ、師によって導かれる。たった一つの言葉が人生を左右することがある。

高校は商業科。それも有名大学には合格したことのないレベル。

そんな環境のなかで私は「公認会計士になる!」という目標を持っていた。当然先生方からは、六大学も無理、会計士試験もどうせ無理だけどがんばってね、という扱い。


そんななか、当時校長先生だったY先生は違っていた。私は生徒会長だったこともあり、校長先生と面談する機会に比較的恵まれていた。当然、否定されるであろうと予想しながら、「校長先生、僕は公認会計士になりたいんです」と話したところ、温かなまなざしとともに、先生は「君ならできる!」とおっしゃってくださったのだ。

私のどこを認めてくれたのかは不明であるが、ありがたい話である。


当時、公認会計士試験は難関中の難関であった。また、生来、物覚えの悪い私は、大学一年のときに簿記二級を受験して不合格。先輩には、「商業科出身で簿記に不合格というのは才能がないのだから、あきらめろ」とまで言われる始末。何度くじけそうになったことか。

そのたびに校長先生の「君ならできる!」がよみがえり励まされたのであった。大学時代、一番できの悪かった私が、幸いなことに在学中に合格した。人生はわからないものである。


その後もくじけそうになると、自分に「できる!」「限りない力が湧く!」と言い聞かせ、自分を励ましつつ現在に至っている。

その原点は校長先生のたった一言にある。今の私があるのもこの校長先生のおかげである。出会いが人を変え、たった一つの言葉が将来を導いたのだ。


人は人との関係の中で生きている。私が「人を励ましたり、癒したりできる人間になりたい」と願うのは、この体験が基になっている。簡単そうだが、なかなか言いづらい言葉でもある。

しかし、これからも、一人でも多くの人に言い続けていきたいと思う。

「君ならできる!」と。

 

公認会計士赤岩茂事務所 所長 赤岩 茂

『トップが綴る 勇気が出るいい話』(PHP研究所・刊 2009年)より

 


 

<トップが綴る>シリーズの最新刊 好評発売中!
『トップリーダーが綴る 元気をもらった一言』

各界で活躍するトップリーダー174名が、これまでの人生においてその傷ついた心を癒し、力や温もりを与えてくれた言葉、苦しみから解き放してくれた言葉について、エピソードとともに綴った書。
※この書籍は書店等での一般市販はいたしておりません。


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ