課長職にマネジメントの革新を!
RSS

経営、勝ち抜くためのコツ~小山昇

経営、勝ち抜くためのコツ~小山昇

(2012年6月12日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

「勝ち抜くために」……小山昇氏(株式会社武蔵野 代表取締役社長)は、次のように語ります。

 

会社は、お客様の、そして社員の物心両面の豊かさを追求していかなければならない。

会社は年々売り上げを伸ばし、未来のお客様のために、そして社員のために「利益」を投資していくことが大事であり、それが経営者の責務である。

大切なのは、社長と社員が力を合わせて夢のある会社をつくっていくことです。

 

6月発売のCD集『小山 昇の特別ゼミナール「儲かる会社」はこうつくる!』では、中小企業経営のカリスマ・小山昇氏に、これまでの現場実践をふまえ、この時代を勝ち抜くための必須経営ノウハウを、あますところなくお話しいただいています。

 

株式会社武蔵野の社長・小山昇氏。1976年武蔵野の前身となる企業に入社され、89年に取締役に就任した後は、赤字続きだった同社を年商35億円にまで引き上げるという快挙を成し遂げました。その経営手腕は、いまや伝説となっています。その後、武蔵野は『日本経営品質大賞』『経済産業大臣賞』などを次々と受賞しました。

 

現在、小山氏は社長業の傍ら、企業への経営指導も積極的に行なっており、400社にも及ぶ企業の経営指導を、そして年間100回を超える講演・セミナーを行っています。

 

◆業界の常識を積み重ねていくと絶対に儲からない

◆マーケットにはお客様とライバルしかいない

◆答えはいつもお客様に聞く

◆高い目標を立て、それに無理だと気づくことがスタートライン

◆三年先、五年先を見て、いま人を育てる

◆どこに投資するか? それは、お客様の数の増加に

◆ときに無謀ともいえるチャレンジをしないと、会社を変えることができない

 

CD集『小山 昇の特別ゼミナール「儲かる会社」はこうつくる!』は、100%現場主義、具体的かつ実践的、そして小山氏の率直かつ軽妙な語り口で、聴いていると勇気と希望がわいてくる、そんな内容になっています。

 

あなたの会社を「夢のある会社」にするためにお役に立てていただけたら幸いです。

 

PHP研究所 教育出版局 企画制作部 海野翔太

 

小山 昇 こやまのぼる

東京経済大学卒業後、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。1977年に株式会社ベリーを設立し社長に就任、87年に現職に就任。90年株式会社ダスキンの顧問に就任。92年顧問を退任、現在に至る。2000年日本経営品質賞(中小企業部門)受賞。05年IT経営百選最優秀賞受賞。10年日本経営品質賞再受賞、ハイ・サービス日本300選受賞。全国の経営者でつくる「経営研究会」(会員企業400社)主催。著書に『「やらないこと」から決めなさい!』(PHP研究所)、『絶対に会社を潰さない強い社員の育て方』(中経出版)など多数。

 


 

CD集

「儲かる会社」はこうつくる!』

「大切なのは、社長と社員が力を合わせて夢のある会社をつくっていくことです」――中小企業のカリスマ・小山昇氏がこれまでの現場実践をふまえ、この時代を勝ち抜くための経営ノウハウを伝授する、語りおろしCD集。徹底的に「現場」に根ざした小山流・経営戦略のすべてをここに公開!


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ