課長職にマネジメントの革新を!
RSS

中村天風先生に積極心を学ぶ

中村天風先生に積極心を学ぶ

(2011年5月 2日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

今回の収録は、一生忘れられないだろうと思う。Discごとに3名の先生にスタジオまでお越し願って収録させていただくことになったのだが、結果的に2011年3月11日の前後になってしまったからである。言うまでもなく、東日本大震災である。

 

中村天風先生は、「積極心」というものの大切さを訴えておられた。Disc1の尾身幸次氏は、天風先生の教えについて次のように語っている。 

 

「人間は、結局、憐れな弱いものであると消極的に考えるべく余儀なくされ、特に病や運命には到底どうすることもできないように軽率にも頭から断定して、これに負けて振り回されてしまう――まずこの考え方を、断然自分の考え方の中から切り捨てなければならないのであります」 

 

「人間とは、多くの人が考えているような、力弱い憐れなものではなく、もっともっと力強い尊厳な存在なのであります。人間というものは、あえて老若男女の差別なく、その生命の中に、健康も運命も自由に獲得し、また開拓しうるという本当に感謝に価する偉大な力が与えられているのであります。ここに、人間の本当の価値があり、侵すべからざる崇高な尊さがあるのであります」 

 

震災は、悲惨である。言葉ではとても言い尽くせないものがある。震災に遭われた方々の心情を思うと、言葉というものの無責任さや無力さをあらためて痛感してしまう。

 

ただ一つだけはっきりしていることは、私たちは生きているかぎり、前を向いて歩いていかなければならないということではないだろうか。

 

Disc3では、ガンを克服した体験をもつ池田忠一氏が、次のように語っている。 

 

「『私たちの心の思い方・考え方というものが、人生の一切を支配するということ――すなわち、人生を良くも悪くもしてしまう。心の思い方・考え方が積極的であれば、運命的にも健康的にも恵まれた完全な人生を得ることができる。と同時にまた、まったく反対に心の思い方・考え方が消極的であれば、憐れな人生をもたらしてしまうという、ゆるがせにできない事実が存在している』と、天風先生は強く主張しておられます。この事実は、知っていようが知らずにいようが、わかろうがわかるまいが関係なく、私たちに影響を与えます。それは、このことが絶対的な人生の法則だからなのです。私たちは、どんな事情があろうと、どんな場合であろうと、積極的精神、強い心、明るく朗らかな心を保つということがいかに大切なことか、おわかりのことと思います」 

 

今後は、心のケアが大切になってくると思われるが、奇しくもスタジオ収録後に天風会の事務局の方がこう言われた。

 

「今回のCD集が少しでもお役に立てばいいですね」

 

心から、そう願ってやまない。 

 


 

37767.jpgCD集『中村天風先生に学んだこと』

哲人・中村天風が語りつづけたその思想と実践の真髄を、直接薫陶を受けた三名の弟子が語り継ぐ。

先の見えない不安な時代だからこそ、強さ・長さ・深さ・広さを持った充実した人生を送るために、中村天風氏に学びたい。 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ