課長職にマネジメントの革新を!
RSS

焦ったときの三つの心得【朝礼・研修のスピーチ】

焦ったときの三つの心得【朝礼・研修のスピーチ】

(2011年6月22日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

仕事でつまらないミスをする原因が、「急いでいたから」「焦っていたから」というケースはよくあります。確かに、無理やりスピードを上げたり、いくら慌てたところで、仕事の能率はそうそう上がるものではありません。

 

かつて、テレビや雑誌で有名な「行列のできる人気ラーメン店」を、一人で切り盛りしているご主人から、こんな話を聞いたことがあります。

 

店では、次々にお客様からオーダーが入り、厨房の中はまるで戦争のような状態です。しかし、そんなときにもご主人は、心の中でこう咳きながら麺を茄であげるのだそうです。


「ゆっくり、やさしく、ていねいに」
 

急いだために麺が茄だっていなかったり、焦ったために注文を間違えたり、あるいは慌てて熱いスープをお客様にこぼしたりすれば、それこそ大変です。たった一回の失敗を取り戻すために、余計な労力や時間がかかります。お客様からの信用にも影響するでしょう。また、そのご主人は、自分の体験からこんな話もしてくれました。


「急いでも、ゆっくりやっても、考えてみれば五秒ほどしか変わらないんですよ」
 

 

どんな仕事でも同じです。

 

忙しいときほど「ゆっくり、やさしく、ていねいに」。


これこそ、プロフェッショナルの仕事ではないでしょうか。

 

執筆:野村正樹

出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)

 


 

37733.jpg【大好評 PHPの朝礼CDシリーズ最新刊】

やりがい・働きがいのヒント朝礼120話
~活力にあふれる職場をつくる~


「やりがい」「働きがい」をテーマに活力あふれる職場をつくるための120話を、さわやかなナレーションで収録しています。朝の貴重なひと時を充実させる一助として、ぜひお役立てください。
 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ