課長職にマネジメントの革新を!
RSS

お客様の目線【朝礼・研修のスピーチ】

お客様の目線【朝礼・研修のスピーチ】

(2011年6月24日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

昔、ペルシアのある国の王様がイギリスを訪問したときのこと。歓迎された王様は、頻りに競馬の観覧を勧められました。しかし、その王様は、次のように言って断ったそうです。

 

「ある馬が他の馬より速く走ることを、私はよく知っていますから」


ある人にとっては楽しいことこの上ない競馬も、何の興味もない人にとっては、何の意味もない。同じように、ある人にとっては有益でも、別の人にとって魅力あるものかどうかはわからない。このエピソードは、私たちにそう教えてくれているのです。
 

ところで、私たちは毎日の仕事を通して、お客様に何らかの価値を提供しています。商品という形あるもの、そしてサービスという目に見えないもの。それが、お客様にとって本当に魅力あるものとなっているかどうか、私たちは常に考えておかなければなりません。
 

商品が売れた、利益が出た、後のことは知らない……。これでは、お客様の気持ちなどわかるはずがありません。

 

お客様に魅力を感じていただくにはどうすればいいか、お客様の声に耳を傾けて下さい。売った後こそ、お客様を大事にするのです。そうした活動を地道に続けていくからこそ、お客様の目線が自然と身についてくるのではないでしょうか。

 

 

執筆:三浦 竜

出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)

 


 

37733.jpg【大好評 PHPの朝礼CDシリーズ最新刊】

やりがい・働きがいのヒント朝礼120話
~活力にあふれる職場をつくる~


「やりがい」「働きがい」をテーマに活力あふれる職場をつくるための120話を、さわやかなナレーションで収録しています。朝の貴重なひと時を充実させる一助として、ぜひお役立てください。
 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ