課長職にマネジメントの革新を!
RSS

会社と社員はいつでもライバル【朝礼・研修のスピーチ】

会社と社員はいつでもライバル【朝礼・研修のスピーチ】

(2011年10月19日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

いい会社に入れて幸せと思っている社員、いい社員が入ってくれて幸せと思っている会社――。会社と社員の関係の理想の姿がここにあります。どちらも幸せ。これほどすばらしいことはありません。 

 

そして、企業はいつも未来を見つめ続け、よりよく変わろうと努力を続けます。社員もまた、なんとか成長しようと努力を重ねます。その成長のカーブが、両方共に同じ方向に伸びているなら、この幸せはずっと続くことでしょう。会社も社員もハッピーなままです。

 

しかし、長く続かないのが幸せというもの。会社の成長に社員がついてこられず、足を引っ張る存在になってしまったとき。反対に、会社がなかなか変わらず、社員にとって成長の邪魔になってしまったとき。会社と社員の関係は、時には相手が足枷となり、時には邪魔な存在となり、思いやりの欠片さえなくなって、やがて不幸な結末となってしまうのです。

 

能力主義の時代。社員が、よりよい天地を求めて飛び出していきます。反対に、リストラ、レイオフといった手段に訴える会社も出てきます。どちらも、悲しい結末です。

 

やはり理想は、会社も社員もお互いに成長していくところにあります。よりよい姿をめざして、会社も社員も努力し続ける。その緊張感こそ、幸せを長続きさせる秘訣なのかもしれません。


 

 

執筆:堤 江実  

出典:CD『元気が出る朝礼120話』

(PHP研究所・刊)

 

 


 

 ~一日を前向きに行動するために~

 

聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ