課長職にマネジメントの革新を!
RSS

「払う」と「もらう」の関係とは? 【朝礼・研修のスピーチ】

「払う」と「もらう」の関係とは? 【朝礼・研修のスピーチ】

(2012年1月12日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

多くの人が願ってやまないのは、「お金をもらう」ということでしょう。逆に、多くの人が嫌がるのは「お金を払う」ことではないでしょうか?
 

 

この「払う」と「もらう」は、まったく正反対の行為です。今度は別の角度から考 えてみましょう。


たとえば、遊園地やレストランで楽しい時間を過ごす場面を想像してみましょう。 誰もが自分の楽しみのために喜んでお金を払います。しかし逆に、お金をもらう立場である従業員の人たちは、皆、汗を流して働いているのです。つまり、お金を払うのは「楽しみや満足を得る」ため、一方、お金をもらうには「努力や苦労が必要」ということでしょう。
 
こうした当たり前のことがわかると、大切なことが二つ見えてきます。
 

第一に、「自分の売上のために、お客様の気持ちを無視してはいけない」ということ。第二に、お客様に「楽しかった」「満足した」と思っていただける努力を惜しまないことです。
 

つまり、汗や苦労という代償を支払ってこそ、初めて「給料」というお金を「もらう」ことができるのです。さあ、皆さんは、どれだけお客様のために汗をかき、努力をしているでしょうか?

 

 

執筆:野村正樹   

出典:CD『元気が出る朝礼120話』

(PHP研究所・刊)

 


 

『やる気がみなぎる朝礼120話』
~一日を前向きに行動するために~

聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。  


 


 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ