課長職にマネジメントの革新を!
RSS

笑えないジョーク 【朝礼・研修のスピーチ】

笑えないジョーク 【朝礼・研修のスピーチ】

(2012年1月24日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

今日は、笑えないジョークをご紹介しましょう。
ある無人島に、男性二人と美女一人が漂着しました。三人はフランス人。すぐに恋が生まれました。

 

同じ無人島に同じ組み合わせのイギリス人三人が漂着しました。すると、彼らは自分たちを紹介してくれる人が現れるまで、行儀よくじっと待っていました。


そして、同じ無人島に同じ組み合わせの日本人三人が漂着しました。すると、男性二人はすぐにノートパソコンを取り出し、どうしたらいいか本社に指示を仰いだということです。
 

これは、何でも本社の指示がないと動けない日本のビジネスマンを皮肉ったジョークです。


もちろん日本のビジネスマンすべてがこういうタイプというわけではありません。しかし、中には、このジョークを笑えない人もいるのではないでしょうか。
 

仕事を進めていく上で「報告・連絡・相談」、いわゆるホウレンソウが重要であることは言うまでもありません。しかし、何もかも上司の指示頼みでは、非常事態には対応できなくなってしまいます。
 

基本は、自分で考え、行動することです。たとえ上司に指示を仰ぐときでさえ、「自分だったらどうするか」、常に考える習慣を身につけることが大切なのです。
 

執筆:三浦 竜   

出典:CD『元気が出る朝礼120話』

(PHP研究所・刊)

 


 

『やる気がみなぎる朝礼120話』
~一日を前向きに行動するために~

聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。  


 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ