課長職にマネジメントの革新を!
RSS

「論より証拠」で仕事をしよう【朝礼・研修のスピーチ】

「論より証拠」で仕事をしよう【朝礼・研修のスピーチ】

(2012年5月24日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

大昔、ギリシアから遠く離れたロドス島を旅した一人の若者が、ギリシアに帰ってきました。若者は友人を集め、旅で体験したことを自慢げに話し、ついには、オリンピア競技の優勝者でも及ばないほどの幅跳びの大記録を立てたと言い出しました。

 

友人たちが「信じられない」という顔をしていると、若者は言いました。
「嘘じゃない、本当だよ。君たちがロドス島へ行けば、きっと皆がボクの話を聞かせてくれるにちがいないさ」


すると、友人の一人がこう言ったのです。
「ここがロドスだ。さあ、跳んでみろ」
 

人は、言葉だけではなかなか信用しないものです。「論より証拠」という言葉もありますが、言葉を飾り立てるよりも実際にやってみせたほうが、はるかに相手に対して説得力を持つのです。


たとえば、お客様の立場で考えてみましょう。
 

お客様が企業を信用するようになるにはどうすればよいのでしょうか?
答えは簡単です。いくらパンフレットやCMで言葉を飾り立てたところで、実質が伴わなければ薄っぺらな誇大広告でしかありません。
 

言葉よりもまず行動。
そして、言ったことは必ず行動で実証する。
そういう姿勢が、人の信頼をかちとっていくのです。

 

執筆:三浦竜  
出典:CD『元気が出る朝礼120話』
(PHP研究所・刊)
 

 


 

 

朝礼用CDシリーズ最新刊
『やる気がみなぎる朝礼120話』
~一日を前向きに行動するために~
 
聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。     

 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ