課長職にマネジメントの革新を!
RSS

ひつくり返して考えてみよう【朝礼・研修のスピーチ】

ひつくり返して考えてみよう【朝礼・研修のスピーチ】

(2012年6月 8日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

古代ギリシアにパウソンという画家がいました。このパウソンに、ある人がこんな注文をしました。
 
「寝そべって転がり回っている馬の絵を描いて欲しい」

 

 

すると、パウソンはなんと走っている馬の絵を描いたのです。


注文した相手は、でき上がった絵を見てびっくり。
当然のことながら、「これは自分が頼んだ絵とちがうじゃないか」とパウソンに文句を言いました。
 

すると、パウソンはこう答えたそうです。
「絵をひっくり返してみなさい。走っている馬が転がり回るようになるから」
 

このパウソンの絵に似ているといわれたのが、あの哲学者ソクラテスです。
ソクラテスはストレートに物を言わないので、話を聞いた人がよく理解できないことが多かったといいます。
 

ところが、ソクラテスの話も、パウソンの絵のようにひつくり返して考えてみると、何が言いたかったのか、よくわかったそうです。
 

このように、すぐれた人物の言動は、ともすればわかりにくいことが多いものです。
 

そんなとき、私たちは少し視点を変えてみる必要があります。それこそ、ひっくり返して眺めてみなければならないのです。
 

「わからない」と投げ出す前に、わかる工夫をすることが私たちには必要なのです。

 


執筆:三浦竜 
出典:CD『元気が出る朝礼120話』
(PHP研究所・刊) 

 


 

朝礼用CDシリーズ最新刊
『やる気がみなぎる朝礼120話』
~一日を前向きに行動するために~
 
聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。     

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ