課長職にマネジメントの革新を!
RSS

奇数を使って能率を上げよう【朝礼・研修のスピーチ】

奇数を使って能率を上げよう【朝礼・研修のスピーチ】

(2012年7月 3日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

奇数と偶数のちがいについて、皆さんはどんなイメージを持っていますか?
一般的には、偶数は「安定」「のんびり」「マイルド」「ゆったり」といったイメージ、奇数は「不安定」「個性的」「鋭い」「刃物のような研ぎ澄まされた感じ」といったイメージが多いようです。
 

 

もちろん個人差はあるでしょうが、ビジネスの場では「確実でないとき」「あいまいに済ませたいとき」に、奇数より偶数を使うことのほうが多いようです。


たとえば「あと十分ほどお待ちいただけますか?」と言ったとき。私たちは、ちょうど十分後に相手が現れるとは思いません。「少し遅くなるかもしれないな」と、頭のスミで考えていたりするものです。

 

一方、奇数を使うと、どんなイメージになるでしょう?

 

「あと三分ほどお待ちいただけますか?」「五分だけ時間を下さい」……。奇数を使えば、引き締まった印象を与えます。自分自身、仕事の能率が上がるのです。

 

「奇数を使って能率を上げる」――これも、仕事のヒントになると思いますが、いかがでしょうか。

 

執筆:坂川山輝夫
出典:CD『元気が出る朝礼120話』
(PHP研究所・刊)

 


 

朝礼用CDシリーズ最新刊
『やる気がみなぎる朝礼120話』
~一日を前向きに行動するために~
 
聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。     

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ