課長職にマネジメントの革新を!
RSS

失敗談が人の心をつかむ【朝礼・研修のスピーチ】

失敗談が人の心をつかむ【朝礼・研修のスピーチ】

(2014年4月18日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
「誰かにほめてもらいたい」「まわりの人に尊敬してもらいたい」
こう思う人は、きっと多いでしょう。しかし、だからといって、人前で自慢話ばかりする人は、少し見苦しいかもしれません。
 
 
 
 
 
 
また、そうした人の多くは「馬鹿にされたくない」とい思いから、自分の失敗を必死に隠そうとします。しかし、自分をさらけ出すことがけ出すことができない人は、相手の信頼を得るのも難しいのではないでしょうか。
 
たとえば、初対面の相手に自己紹介をする場合。
「私はこれだけの資格を持ち、○○の実績を上げました……」
といった自慢話ばかりでは、相手の心をつかむことはできません。
むしろ
「私はそそっかしくて、今まで△△の失敗をしたことがあります。何の資格や特技もないのがコンプレックスです」
と自分の弱点を素直に話した後で
「だから人一倍努力しています。今回も全力でがんばります!」
と言ったほうが好印象を与えられるのではないでしょうか。
 
「正直な人だな」
「がんばれよ」
思わず声をかけたくなるのが人情というものでしょう。
 
裏表のある人より、素直に自分をさらけ出す人のほうが、相手にストレートに受け入れてもらえます。
自分をさらけ出す勇気も、私たちには必要なのです。
 
 
執筆:野村正樹
出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)
 
 

 
朝礼用CDシリーズ最新刊
~一日を前向きに行動するために~
 
聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ