課長職にマネジメントの革新を!
RSS

ちょっとした工夫で能率アップ【朝礼・研修のスピーチ】

ちょっとした工夫で能率アップ【朝礼・研修のスピーチ】

(2014年6月17日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
会社という組織の中には、さまざまな内部文書が行き交います。通達、照会、督促、回覧……。毎日のように、各部門の中を流れていきます。

 

ところが中には、途中で蒸発してしまう文書もあります。発信した側にすれば、その度に腹立たしい思いに駆られることでしょう。

 
ある産業機械メーカーの会社では、カンパニーカラーのスカイブルーを使って、文書の重要度がすぐに判別できるように工夫しています。文書の上の部分に、スカイブルーの横線が二本であれば大至急の情報。一本であれば急ぎの情報。何も横線がなければ、普通の情報で随時処理。と、こんな具合です。
 
この結果、リズミカルに文書の処理がなされるようになったといいます。
 
また、別の会社では、文書の発信元別に使う紙の色を、白・黄・青・緑・ベージュと変えることにしたといいます。
毎日接している文書だからこそ、目で見る管理。
 
ちょっとした工夫でメリハリの利いた仕事をめざしたいものです。
 
 
 
執筆:坂川山輝夫
出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)
 
 

 
朝礼用CDシリーズ最新刊
~一日を前向きに行動するために~
 
聴く人のやる気を引き出す示唆に富んだ話材を120話収録しています。1話1~2分でわかりやすく簡潔にまとめました。気づきを促すもの、仕事のスキルを紹介したものなど、その内容はバラエティに富んでいます。前向きな1日を過ごすために、ぜひご活用ください。 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ