課長職にマネジメントの革新を!
RSS

連絡ミスをなくそう【朝礼・研修のスピーチ】

連絡ミスをなくそう【朝礼・研修のスピーチ】

(2015年2月19日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
伝言や連絡のミスは、ときとして重大なトラブルにつながります。今日は、伝言や連絡のミスをしないためのポイントを確認しておきましょう。
 
ポイントは4つです。
 
(1)メモはすぐ目のつくところに置く。
たとえば、「未決」や「既決」の箱にメモを入れると、その上に書類や資料が置かれ、上司が気づかない恐れがあります。すぐ目につく場所が原則です。
 
(2)書類にはさんだり、他のメモ類と一緒に置かない。
他の書類に紛れ込まないよう注意が必要です。
 
(3)メモには日付を書く。
「今日」や「明日」といった書き方は日付が変わるとわからなくなります。月や曜日も正確さを期すために書いておいたほうがよいでしょう。
 
(4)メモを書いた自分の名前と時間も書いておく。
 
 
連絡が正確かどうかで、その会社がどんな会社か、およそ想像がつくというものです。連絡ミスのない仕事を皆さんも心がけてください。
 
 
 
出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)
執筆:坂川山輝夫
 
 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ