課長職にマネジメントの革新を!
RSS

「考える力」を育てるコツ【朝礼・研修のスピーチ】

「考える力」を育てるコツ【朝礼・研修のスピーチ】

(2015年3月24日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
あるコンサルタントが、こんなことを言っていました。「話をするときには『わたくし』という言葉を必ず使いなさい」
 
なぜかといえば、「『わたくし』という言葉を使うと、自然に『わたくしの考え』というものが育ってくるからだ」ということでした。
 
確かに、私たち日本人は、会話をしているときに「わたくし」という主語を省略する傾向があります。そのせいか、自分の考えや主張がなくなってしまうのです。そこで、そのコンサルタントは研修会の場で「わたくし」という言葉を使って話すという体験をさせたのです。
 
それから一年半ほど経った頃、受講生の女性から手紙が来ました。彼女は研修の後も「わたくし」を使って話すことを実践し続けたそうです。そして、最近、会社で初めての女性係長になったということでした。
 
「あなたは物事をはっきり言えるから信頼している」
 
こう言われたのです。「わたくし」という言葉を使うことで、自分の考える力が育つ。気づかないうちに自分が成長するのです。
 
皆さんも、自分の考えを話せているかどうか、「わたくし」という言葉で点検してみてはいかがでしょうか?
 
 
出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)
執筆:伊吹卓
 
 
 
<PR>

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ