課長職にマネジメントの革新を!
RSS

一人で満塁ホームランは...【朝礼・研修のスピーチ】

一人で満塁ホームランは...【朝礼・研修のスピーチ】

(2011年4月14日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

野球の醍醐味といえば、やはりホームランでしょう。しかも満塁ホームランともなると、球場がわき返ります。 

というのも、それまでリードされていたのに、一挙に逆転。または、相手チームに大きな得点差をつけて、勝利を確実なものにしたりするからです。


満塁ホームランを打ったバッターは、その試合のヒーロー。MVPといったところでしょう。
 

しかし、そこで考えてほしいことがあります。それは「満塁ホームランは一人では打てない」ということです。
 

なぜか?
 

当たり前のことですが、そのバッターの前に、三人の選手がすべての塁を埋めていなくてはならないからです。
 

ビジネスの世界も、同じでしょう。私たちの毎日の仕事は、多くの人の協力によって成り立っています。職場の仲間、他部門の関係者、外部の取引先、そしてお客様……。
 

成果の裏側には、多くの人の協力があることを忘れてはならないのです。
 

あなたが、満塁ホームランを打てるような好打者になりたいのなら、誰もが喜んで協力してくれるような、そんな人間関係を築くことです。そこには感謝の気持ち、思いやりこそ必要だと思うのですが、いかがでしょうか。

 

執筆:秋庭道博 

出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)

 

 

  


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ