課長職にマネジメントの革新を!
RSS

ベンチャーの元祖・大河内正敏の華麗な出自

ベンチャーの元祖・大河内正敏の華麗な出自

(2012年2月 9日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

資金不足や内紛で混乱を極めた財団法人理化学研究所を、「科学者の楽園」と呼ばれるほどの環境に変え、さらには、特許や技術を自らの手によって事業化して「理研コンツェルン」と称される企業群を設立した大河内正敏。“殿様”のDNAが可能にした、その決断の背景に迫る。 

 

*  *  *

 

明治維新以来、欧米に追いつき、追い越せと精進してきた近代日本の科学界。大正期に入って、国家の威信をかけた飛躍のためには、さらなる基礎科学力こそ必要だとして設立されたのが、財団法人理化学研究所である。 

しかし、その運営は大正六(一九一七)年の設立当初から資金不足や、それに伴う物理部と化学部の対立等によって内紛が続くなど課題山積であった。第二代所長は職を辞し、混迷を極めたなかで登場したのが、東京帝国大学工学部教授で四十二歳の工学博士、子爵貴族院議員の大河内正敏であった。第三代所長となった彼は、優れた政治力を発揮して、研究所を「科学者の楽園」と呼ばれるほどの自由な環境に整えた。

大河内のもっとも画期的な決断は、研究者の発明によって工業化が期待される特許や技術を、自らの手によって事業化し、矢継ぎ早に「理研コンツェルン」と称される企業群を設立したことである。類を見ないコンツェルンを創造した大河内の決断の背景とは何だったのだろうか。 

 

ベンチャー企業の元祖

理化学研究所がいかに優れたシンクタンクであったかは、所属した科学者の名前を挙げ連ねただけでも理解できる。世界で初めてビタミンを発見した鈴木梅太郎、原子モデルの世界的物理学者長岡半太郎、強力磁石鋼の権威本多光太郎、いずれも世界的な科学者として文化勲章を得た彼らは“理研の三太郎”と呼ばれた。また異色の実験物理学者であり名随筆家としても知られる寺田寅彦、雪の研究者中谷宇吉郎、原子核の世界的権威者仁科芳雄、のちにノーベル賞を受賞する朝永振一郎ら多士済々であり、大河内自身も造兵学科で弾道学の権威だった。

 

もともと理化学研究所は、アメリカから帰国したジアスターゼの発見者高峰譲吉が、科学立国の必要性から国民科学研究所構想を提唱し、それに賛同した政財界の補助金、寄付金、また皇室からの御下賜金により資金的基礎を得て財団法人として実現したものであった。ところが、初代所長菊池大麓は就任五カ月で病没、そこへ第一次世界大戦による不況と、財政難、内紛が重なり、二代目所長古市公威も早々に心労からか体調不良を以て辞表を提出し、運営はますます窮地に立たされた。

 

ここで第三代所長として起用されたのが大河内正敏である。設立の翌年大正七(一九一八)年に入所していた大河内は、大正十(一九二一)年に所長に就任するや、研究員総会を開き、研究者の結束を呼びかけた。そして、政府に対して国庫補助金増額を申請して財政難の解決を図る一方、研究体制の確立のために、大正十一(一九二二)年、「主任研究員制度」を導入した。これは各研究室を独立させ、研究テーマ、予算、人事までも主任研究員職の裁量にすべて委ねるという画期的なものであった。他の大学教職との兼務、研究室を外部に求めることさえ自由だった。理化学研究所が「研究者の楽園」といわれたのもこうした制度によるもので、これにより懸案だった研究員間の対立は雲散霧消した。健全な意味での研究者同士の競争心は残り、プラス効果に転じた。

 

しかし、こうした自由、とくに研究費の自由を認めたとあっては、補助金の増額など何の解決にもならず、ふたたび深刻な資金難に陥った。ここで、大河内は重要な経営的決断をする。

 

すなわち、基礎研究の成果となる諸々の特許や技術を民間企業に委託せず、理化学研究所自らの手で工業化し、研究資金を得ようとしたのである。これが理化学興業をはじめとする理研コンツェルンの始まりである。先端技術を事業化するのは今日的なベンチャー企業の走りであろう。

 

さて、ここで重要な疑問が二つ生じる。大河内はなぜ研究所自らの手で事業化を図ったかということである。そして、もう一つの疑問は、もしそれが大河内しか為し得ない企業家精神の発露と位置づけられるものならば、人間大河内のどのような部分がそうした決断を後押ししたかということである。 

 

大河内の華麗な出自

そもそも大河内正敏とはどのような出自の人間か。

大河内は明治十一(一八七八)年、旧大多喜藩主大河内正質の長男に生まれ、明治三十一(一八九八)年に本家にあたる旧吉田藩子爵大河内信好の妹一子と結婚し、養嗣子となっている。大河内家は島原の乱を平定した松平伊豆守信綱の子孫であり、華族であった大河内はまさしく“殿様”で自邸内でもそのように呼ばれていた。幼少時には大正天皇のご学友に選ばれ、利発だった大河内は明治天皇に愛され、膝の上で何度も抱かれたという。

 

東京帝国大学工科大学を首席で卒業し、母校の講師に就任。その後、子爵、教授昇格、工学博士号取得、貴族院議員当選と、華麗な経歴は続く。しかも貴公子然としていて一八〇センチの長身である。のちにリコー・三愛グループを創業する市村清は、大河内の知遇を得て理研の代理店を託されたことから実業家として大成したが、彼による大河内評は、「何が不幸であったかといえば、何一つ不幸がなかったということが一番の不幸だったのではなかろうか」というものであった。

 

その上、芸術家として陶磁器の目利きと研究にかけては一流であり、著書は十冊以上、古九谷、鍋島、柿右衛門の芸術性は大河内の評価によって確立されたという。また日本画家でもあった。趣味人としても当代きっての食通である。たとえば美術雑誌に鰻についてこう書いている。

 

「店先で先客の注文を燒いてゐる、先づその奥で味覚をそゝられ、待つ間に聞こへて來るばたばたといふうちわの音で、今燒いてゐるのだなと二度目の味覺を思ひ起させ、さんざん待ったあとでやきたての熱いのを喰べるから、そこに云ひ知れぬ味があつたものだが、何人前かの蒲焼が大きなすし皿のやうなものに盛られ、店先きの硝子戸棚に出されてゐたのでは、いくら冷えずにいたとしても、うまさ加減に大きな違ひがある」(「色鍋島と鰻の大串」)

 

戦後A級戦犯容疑で逮捕され、巣鴨拘置所にいた間に、無聊を慰めつつ獄中メモも資料もないなかで著書『味覚』を書いたのも頷ける。当然のことながら料理の腕も玄人はだしであった。

 

大河内のこうした人となりが、理化学研究所の運営と理研コンツェルンの創成に大きく寄与したことは言うまでもない。理化学研究所の科学者たちには、絶大の信頼があった。何しろ研究費は自由自在、また発明に対しては多額の報奨金を与えたのである。大河内は日々各研究室を訪れ、研究経過を聞きたがった。実験を重視し、重要な実験を重ねる部屋には一日に何度も訪れたという。現場主義・現実主義、それは大河内の行動原理の重要な特性だったようである。

 



渡邊祐介 わたなべ ゆうすけ

PHP研究所 松下理念研究部長。専門分野は、松下幸之助研究・日本経営史。松下幸之助を含む日本の名経営者・実業家の経営哲学の研究。また、経営学の諸理論とくに組織論・マネジメント論と松下経営哲学の関連性について興味を持ち、考察を深めている。

  


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ