課長職にマネジメントの革新を!
RSS

伊庭貞剛、存亡の危機にトップはいかに行動すべきか

伊庭貞剛、存亡の危機にトップはいかに行動すべきか

(2011年3月24日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

存亡の危機が訪れたとき、経営トップはいかなる決断をし、いかなる行動を取るべきか。選択を誤れば事態をさらに悪化させる。

住友財閥の第二代総理事伊庭貞剛は、明治27(1894)年に起こった住友史上最大ともいわれる別子銅山での騒乱の危機を見事に克服し、逆に発展の礎を築くという稀有の成果を収めた。そこで示された決断の背景にはどのような信念が込められていたのだろうか。 

 

別子銅山の内憂外患

 

伊庭貞剛が下した決断。それは、大阪の本店から新居浜・別子へ単身で赴任するという決断である。テロによる生命の危険がある中、現地で陣頭指揮をとるという、一見蛮勇とも奇異とも見える決断であったが、それが結果として、住友の人心を結集し、のちの改革を成功に導く基となったのである。

 

明治27(1894)年、当時、別子では二つの問題によって大きな紛争が生じていた。一つは、住友の初代総理事広瀬宰平の独裁経営に対する反発、もう一つは銅の製錬が及ぼす環境問題であった。

 

異様な状況である。「広瀬反対!」というのが別子での社内の気勢。一方社外では「煙害を何とかしろ!」と訴える地元農民たちのデモ。

 

広瀬宰平という人物は、別子銅山の一奉公人から出世した才人であった。幕末維新期の住友の財政危機を切り抜けたこと、外国人鉱山技師を雇って銅山を近代化したのも広瀬の功績である。しかし、初代総理事となり、経営の全権を掌握すると、自らの戦略への固執や人事の専横など、その豪腕経営が次第に度をすぎるようになった。そしてついに事業の中心たる別子銅山で、現地幹部社員が広瀬批判の弾劾書を住友の家長あてに提出するに至って、銅山経営は麻痺状態となった。

 

社外においては、火力確保のために銅山周辺の木々は伐採され、山肌から緑が消えつつあった。加えて、製錬により生じる亜硫酸ガスが新居浜・別子の人びとの健康や作物に重大な影響を与えはじめていた。ところが、その被害が刻々拡大しているにもかかわらず、総理事広瀬は「煙害など存在せぬ」と請け合わない。

 

住友の不誠実に対して、一部の農民は暴徒化し、ここに別子は内にあっては内ゲバ、外にあってはデモや打ちこわしの危機に見舞われていたのである。

 

事態の打開のために、本来もっともリーダーシップを発揮すべきは、住友家の家長もしくは総理事の広瀬であったろう。しかし、家長に経営の指導力はなく、総理事は事態の当事者として適任ではなかった。広瀬に次ぐ経営責任者である支配人の伊庭におのずと衆目が集まった。

 

伊庭は形勢を察して、「私が新居浜へ行きましょう」と志願した。

 

伊庭の決断の背景にあったもの

 

自薦したというものの、伊庭にどれだけの成算があったのかは疑問である。現地に歓迎されて行くのではない。さらに悪い条件なのは伊庭が広瀬の実の甥であったことだ。広瀬は近親者を多数引き上げ、公私混同を批判されていた。伊庭も裁判官だったところを、その器量を見込まれ、広瀬の説得によって住友入りしており、憤激している者にとっては、伊庭こそ広瀬の分身として憎しみの対象にもなり得る。

 

テロに遭う可能性は多分にあった。伊庭は、妻の梅子に別子行きを伝えるなり、「わしの身に何が起こるかわからんから、子供のことは万事よろしく頼む」と言い残していた。

 

したがって、伊庭の決断の背景にまずあるのは、死を恐れぬ勇気が具わっていたことである。また客観的に伊庭でなくてはならなかった理由はまだある。それは広瀬と並ぶ権限を有し、即断即決ができる責任者の資格があったことである。現場は急を告げている。そこに赴任したものの何の権限もなく、いちいち本店に伺いを立てなければ判断ができないということなら、現地の憤りは増すばかりである。さらに、この重大な危機は住友内部の問題だけではなく、社会的に配慮のある対処をしなければならないという点で、たいへんな見識が必要であった。関東では足尾鉱毒問題がすでに社会問題化していた。別子を足尾のようにしては、全住友にとっても大打撃である。その点でも、大阪の上等裁判所判事であった伊庭の経歴は住友にとって僥倖だったのかもしれない。

 

伊庭は、周囲の期待と自らの適性に準じて、別子行きを決めたわけである。 

 


 

渡邊祐介

PHP研究所松下理念研究部研究部長。専門分野は、松下幸之助研究・日本経営史。

松下幸之助を含む日本の名経営者・実業家の経営哲学の研究。また、経営学の諸理論とくに組織論・マネジメント論と松下経営哲学の関連性について興味を持ち、考察を深めている。


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ