課長職にマネジメントの革新を!
RSS

内定者フォロー研修(通信教育)

内定者フォロー研修(通信教育)

内定者フォローと入社前の教育研修

内定者教育は何のために行うのでしょうか。
どのような内定者研修を実施すればよいのでしょうか?

この問いを考えるうえで示唆を与えてくれるのが、「組織社会化」という概念です。
「組織社会化」とは、新しく組織に加わるメンバーが、自分に求められる役割や知識、組織の規範や価値観などを獲得し、組織に適応していくプロセスのことです。
近年、この「組織社会化」の研究が進み、入社前の内定者フォロー、教育研修の重要性がクローズアップされてきました。

入社前の自己キャリア探索行動が、入社直後の組織コミットメントと達成動機を高める
入社直後の組織適応が、組織社会化で必要な学習を促進し、1年後の組織適応が高まる
※竹内倫和・竹内規彦(2009)「新規参入者の組織社会科メカニズムに関する実証的検討」(『日本経営学会誌』23:37-49)

自己キャリア探索とはすなはち、「何のために仕事をするのか」「自分は何をしたいのか」「どのような知識や行動が求められるのか」といったテーマと向き合い、深く考えることといえます。PHP研究所の創設者・松下幸之助も、こうした根源的な問いかけに自ら答えを出すことが、仕事に対する熱意や責任感を支える基礎になると考えていました。内定者フォローの目的はここにあると私どもは考えます。

新入社員の多くが3年以内に辞めてしまうといわれる昨今、内定者には、入社前に社会人として働く意義と目的を、自分なりに考えてほしいと思います。それが入社後のスタートダッシュにつながり、自ら考え、自ら行動する主体的な社員=自律考働型人材へ育つ第一歩となるからです。

内定者フォローと人材育成

入社5年で「自立考働型社員」に育てる、PHP研究所の<ゆとり世代の育成ビジョン>については、下記ボタンよりパンフレットをご参照ください。

パンフレット


内定者フォロー研修・教育の目的と内容

働くことの理想と現実を正しく認識させ
社会人になるにあたっての不安を解消する

就職活動中は内定をもらうことに意識が集中していた学生も、いざ内定を得て安心すると、「この会社でほんとうによかったのか」「職場の人間関係はうまくいくのか」「社会人としてやっていけるのか」など、不安を抱くものです。
こうした不安を解消するにも、内定者フォロー研修は欠かせません。具体的には、働く目的と意義を考えさせると同時に、「社会人にはどんなことが求められるのか」「上司や先輩は何を期待しているのか」といったことを、イメージさせるのです。
また人事採用担当者しても、社会人としての常識やビジネスマナーなど、最低限の基本は身につけておいてほしいと考えておられるでしょう。
そこで、ケーススタディによる疑似体験型の内定者フォロー研修・教育をおすすめいたします。

内定者フォローの必要性

【内定者フォロー研修】通信教育の特徴

「自分ならどうするか」ケーススタディで具体的に学べる!

PHP研究所の内定者フォロー通信教育コースは、ケーススタディで「自分ならどうするか」「どう行動すべきか」を疑似体験しながら実践的に学べる構成になっています。
また、新入社員に必須のビジネスマナーや、敬語や言葉づかい、指示命令の受け方、報連相など、仕事の基本もていねいに解説していますので、入社への不安を自信に変えることができます。

内定者フォロー通信教育サンプル

受講状況を把握でき、適切な内定者フォローが可能に!

通信教育の受講状況は、毎月1回、人事・採用ご担当者様に報告書としてご郵送します。
また、インターネット添削版(eラーニング)をご採用いただけば、学習の進捗状況や理解度がリアルタイムに把握できるうえ、Webを活用して受講者にアドバイスをすることもできます。
社内報の送付や事務連絡に加えて、こうした仕組みを利用すれば、教育コンテンツをきっかけに、適切な内定者フォローができ、コミュニケーションを深めることも可能です。貴社の内定者に、大きな期待を伝えるよい機会になるはずです。

内定者フォロー通信教育報告書 内定者フォローeラーニング画面

※インターネット添削版(eラーニング)における内定者フォロー機能の詳細は下記をご覧ください


内定者フォロー・コミュニケーション機能

学習管理(LMS)機能


【内定者フォロー研修】通信教育コースのご紹介

仕事の基本とビジネスマナー
人事・採用担当者の声
人事部長

近年、新入社員のマナー・常識力の低下が配属先の現場から必ず指摘される。しかし外部講師を呼ぶとコストもかかるし、人事の導入研修ではマナーを教える時間も限られている。そこで、事前に通信教育を受講させ、添削結果をみて課題と感じられるテーマについて、本テキストで指導・フォローするようにした。(製薬 人事部長)

受講者の声
男性

ビジネスの基本マナーが細かくのっていたので全体的に満足しています。テキストの分量もちょうどいいと思います。「意見を言いたいときは肯定から入る」というフレーズがあったが、これはとても重要であると思います。今後に生かしていきたいと思います。(地方銀行・男性)

女性

社内・社外文書の書き方や慣用句などの知識が網羅されており、入社前に勉強できてとてもよかった。仕事とは人づきあいや人とのつながりがすべてだと気付くことができた。気持ちよく仕事ができる人間関係のために努力したいと思う。(女性)

女性

知らないことばかりで大変だ、と焦りました。就職活動中の自分はマナーができていなかったことを反省するばかり。敬語シートはコピーして毎日練習しています。(食品・女性)

マークシート添削版:仕事の基本とビジネスマナー<お試し受講受付中!!>

インターネット添削版:仕事の基本とビジネスマナー<お試し受講受付中!!>


めざせ!プロ社会人。
人事・採用担当者の声
人事部長

内定者フォローでは、社会人になるためのマインド部分と、ビジネス文書やマナーなどの知識・スキル部分を、バランスよく身につけておいてほしいと考え、この通信教育を活用しています。「自分で考えさせる」という要素が好評だったようです。(メーカー・人事課長)

受講者の声
女性

自己分析、ビジネス文章の書き方、マナーが役に立ちました。記述問題は丁寧に添削されて返ってきたので、たくさん気づくこともありましたし、「しっかりとみてくれているんだ と、うれしくなりました。文章力はもっと鍛えたいと思います。(メーカー・女性)

男性

何気ないことでも自分で考えて、より良い答えを探すというのは、社会人として大切だと思いました。言葉づかいなど、小さなこともビジネスでは大切だということに気づきました。(メーカー・男性)

男性

内定式後の気合が入っている時期に取り組めたので順調に終了できた。報連相やPDCAなどは知ってはいたが、実際の場面を思い描いたりできていなかったので参考になった。(男性)

記述式添削式:めざせ!プロ社会人。

マークシート添削版:めざせ!プロ社会人。

インターネット添削版:めざせ!プロ社会人。


ようこそ学生諸君
人事・採用担当者の声
人事部長

まずは「積極的に仕事に取り組む気持ちをもってほしい」と考え、この通信教育を活用しています。他の教材も検討しましたが、マインド重視という点が当社の社風に合っているようです。毎年、内定者フォロー用に受講させています。(サービス・採用担当)

受講者の声
男性

内定から入社までがマンガになっていて、わかりやすかった。心理分析診断も発見があってよかったと思います。「がんばろうという気持ちが出てきました。(サービス・男性)

男性

はじめは「通信教育なんて面倒だ」と思いましたが、けっこう楽しく取り組めました。会社できちんとやっていけるのか心配でしたが、心の準備ができたように思います。(不動産・男性)

女性

感情のコントロールや、言葉遣い、時間、教えてもらうときの態度の項目が印象に残りました。ふだんの生活にも活かせるので、入社するまでにテキストを何度か読もうと思います。(女性)

マークシート添削版:ようこそ学生諸君

インターネット添削版:ようこそ学生諸君


社会人・やっていいこと悪いこと
人事・採用担当者の声
人事部長

「なぜ挨拶が必要か」など、社会人としてあたり前のことができていない人が、最近増えているように思います。 直接的に教えることが難しい常識・良識を、とっつきやすいケーススタディで学んでもらえ、入社時の導入研修も例年よりもスムーズに進めることができたように思います。(人事担当)

受講者の声
男性

「こういうときはどうすればよい」「こういうことはいけない」ということが、具体的にわかりました。職場のチームワークを乱さない。お客様を第一に考える。当たり前のことが大切だと感じました。(商社 男性)

男性

テキストはケーススタディでとてもわかりやすかったです。コミュニケーションレポートで、仕事に対する自分の考え方を整理でき、文章の勉強にもなりました。(運輸・男性)

女性

入社前に不安になることは当然なのかと考えることができて安心しました。組織の一員として主体性をもって動ける人間になろうと考えることができたので、この気持ちを働く上で活かします。(女性)

社会人・やっていいこと悪いこと<お試し受講受付中!!>


 

 

内定者フォロー用に課題図書のご贈呈を!

PHP研究所では、内定者フォローのために、仕事で役立つ知識・スキルをわかりやすく解説する実用書や、自分なりの人生観・仕事観を確立してもらうための人生書・自己啓発書も多数取り揃えております。内定式や内定者懇親会での贈呈用に好適です。

内定式・内定者懇親会

内定者フォロー研修には、これもおすすめ!


月刊誌「PHP」
月刊誌「PHP」

“素直なこころ”をテーマとする「PHP」は、社会を見る目を育て、人間性を磨き高める月刊誌として、毎年、多くの企業でご評価いただいております。毎月、通信物とともに送付すれば、内定者フォローに役立ちます。弊社から、内定者のご自宅への直接送付も承ります。

※ご検討用に見本誌をお届けします。こちら からご連絡ください。 
『[すごろくゲーム]めざせ!ビジネスマナーの達人』

DVD『井村雅代コーチの「できない」から逃げるな! 』

お問合せはお気軽に

株式会社PHP研究所 直販普及本部

≪東日本≫

〒135-8137
東京都江東区豊洲 5-6-52
NBF 豊洲キャナルフロント
TEL 03(3520)9633

≪西日本≫

〒601-8411
京都市南区西九条北ノ内町11
TEL 075(681)3342

お問い合わせボタン