課長職にマネジメントの革新を!
RSS

研修講師のつぶやき

研修講師のつぶやきの最新記事一覧

  • 内発的動機に火をつける【コラム】~藤野祐美

    (2013年4月19日更新)

    慣れ親しんだ職場を去る際の送別会。これまでの感謝や、新たなスタートへのエールの気持ちを込めて、花束や記念品が去りゆく人に贈られる。定番のスタイルですが、私が前職の送別会でいただいたものは、なんと本物の“ムチ”でした。

    続きを読む

  • 人が意欲的になるのはどんな時か【コラム】~中津留秀男

    (2013年3月21日更新)

    長年、ものづくりの現場で人材育成に携わってきた私には、今でも忘れられない思い出深い体験がありますので、ご紹介いたします。 

    続きを読む

  • 研修の目標とは【コラム】~笠鳥高男

    (2013年2月20日更新)

    “研修は、継続して成果を出し続ける人材の育成を目標としなければならない。それには、強い使命感と役割に応じたスキル、そして、最も重要な遂行力の付与が不可欠である”と考え、長期の実践型研修(『PHPアクション・ラーニング』もその一手段)を行なっております。そして、様々なことを感じさせていただいております。

    続きを読む

  • 日本のホスピタリティはすごい【コラム】~山本清美

    (2013年1月21日更新)

    ここ数年、海外に出かけては、その国のホスピタリティに注目し様々な場面で「なるほど」と感じております。名付けて「世界のホスピタリティマナー学びの旅」
     

    続きを読む

  • 知・理・凛と鳴る鈴を心に【コラム】~朝倉慶

    (2012年12月18日更新)

    私のマナー研修を受講された方が新約聖書の「目から鱗(うろこ)」とおっしゃいます。何かがきっかけになって、急に物事の実態などがよく見え、理解できるようになるたとえです。

    続きを読む

  • 「本気で部下と関わる」ということ【コラム】~辻騎志

    (2012年12月 3日更新)

    管理職研修をしていてつくづく感じることは、“本気で部下と関わっている上司が極めて少ない”ということです。別の言葉で表現するなら“部下を愛していない上司が多い”ということになるでしょうか。

    続きを読む

  • 行動を変えるには【コラム】~芦刈法明

    (2012年9月25日更新)

    ある勉強会で「どのようにすれば人の行動を変えることができるか?」というテーマで、ある著名な講師の話を聞きました。その内容がとても強く印象に残っています。

    続きを読む

  • 世界に1つだけの花を育てる【コラム】~旗持玲子

    (2012年7月13日更新)

    朝顔、ひまわり、ハイビスカス……7月にお目見えする花は、どれも色が濃くて、元氣な印象がある。毎年4月、まだ何色にも染まっていない新入社員は、淡い若葉の様相。花はまだつぼみ。どんな花が咲くのか、まだよくはわからない。でも、この7月、フォロー研修で再会する彼らは、良くも悪くもすでに色濃く色づいている。

    続きを読む

  • 東北人のリアクション事情 【コラム】~平野順子

    (2012年4月20日更新)

    先日、東北地方のとある学校で、東京出身の講師の方とご一緒に研修のお仕事をする機会がありました。一日研修の半分くらいが過ぎたころ、その講師の方から言われました。 

    続きを読む

  • 越えていく勇気をもとう~染屋光宏

    (2012年2月27日更新)

    昨年末、知人達に誘われ「滝行」を初めて体験しました。

    続きを読む

  • 信頼に至るプロセス 【コラム】~平美和

    (2012年1月20日更新)

    お正月にサッカー日本代表・長谷部誠選手の『心を整える』(幻冬舎刊)を読みました。

    まだ読んでなかったの~?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、年の初めに読むことに、意味があるんだと、勝手に都合よく解釈して読みました。

    続きを読む

  • 課長職セミナーを担当して【コラム】~芦刈法明

    (2011年12月19日更新)

    課長職を対象としたPHP公開セミナー「課長職マネジメント革新コース」を担当している中で、「皆さんは、部下が仕事を通してどのように成長したいと思っているか、どのようなことに興味をもって将来どのような仕事をしたいと思っているのか。そのようなことを部下に聴いていますか?」とご受講者にお尋ねすることがあります。

    続きを読む