課長職にマネジメントの革新を!
RSS

中堅社員層が抱える仕事上の課題【コラム】~染谷光宏

中堅社員層が抱える仕事上の課題【コラム】~染谷光宏

(2011年3月25日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

昨年12月より、『中堅社員意識革新コース(京都開催)』を担当しています。

「中堅社員」と聞いて思い浮かべるイメージは様々かと思いますが、受講生の多くは、入社4~10年前後の方々であり、組織内で中核として活躍している、あるいは将来的に活躍が期待される方々です。

業種や職種が異なる受講生相互の討議や意見交換から、中堅社員層が抱える仕事上の課題に関して、概ね3つ程度に整理してみました。

 

(1)コミュニケーション力を向上したい

頻出するテーマとしては、「上位職制者の方針伝達が不明確・共有できない」、「他部署との協業・連携が難しい」といった事柄が挙がります。コミュニケーション手段の多様化(メールやWebの活用等)により、対面型のコミュニケーションが減少している事や、自らの責任範囲の拡大に伴い、受信側としての感度を高めるだけでなく、他者に対して効果的に発信する力を身に付けたいというニーズがあります。

 

(2)キャリア・自己能力開発が描けない

自らの将来像に対して、「今の職務を続けた場合にどんなスキルアップが必要か?」、「専門職と管理職のどちらをめざせば良いのか?」といったテーマが中心です。自分自身の能力・スキルの棚卸とともに、将来のありたい姿、ビジョンや目標を描く事が必要となりますが、日常業務に追われ後回しになるケースや、自分の周辺にモデルとなる人材が少ない(見つけられない)事も一因となっています。

 

(3)ワークモチベーションを維持・向上させたい

仕事の場面において、「“やる気”をどうやって維持していくか」「業務量が多すぎて気持ちが休まらない」といったテーマが挙がりますが、特に後者のテーマが顕著に現れています。“やる気”の源泉は、個々に違う事を認識するためにも、仕事に対する価値観や意味づけを改めて考えるとともに、時間管理を意識した効率的な働き方の工夫が求められます。

 

 

中堅社員意識変革コース』では、こうした課題の解決に向けた心構えとスキルを、異業種交流のメリットも最大限に活かしながら、複眼的かつ体系的に学んで頂けるように構成しています。私自身、「組織の現場でリーダーシップを発揮し、変革に貢献する人材を数多く輩出する」と決めて受講生一人ひとりと向き合っています。

皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げます。 

 

 

【講師プロフィール】

染屋光宏(そめや・みつひろ)

田辺製薬株式会社(現・田辺三菱製薬株式会社)にて、ライセンス製品の営業マーケティング支援・渉外業務、人事(職務等級型人事制度設計、目標管理制度・昇進昇格等の人事制度運用実務、採用・人材開発・教育研修等)、経営企画(経営計画策定、企業理念構築、風土改革等)に携わった後、神戸大学大学院経営学研究科にてM.B.A.を取得。同社退職後、独立起業しトレーナー・コーチとして活動する傍ら、株式会社日本チームコーチング協会取締役として「チームコーチングメソッドによる組織変革」の実践に携わっている。
組織行動学や心理学等の理論、および実務経験をベースに、演習を中心とした「参画型」スタイルにより、個人・チーム・組織の意識、行動変革を促し、実際の現場でより大きな成果を創るためのトレーニングを行なう。

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ