課長職にマネジメントの革新を!
RSS

メンタリングと新入社員指導

メンタリングと新入社員指導

(2013年3月 6日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

PHP通信ゼミナール『新入社員の指導・支援の実践コース』テキストから、新入社員を指導するにあたっての心構えとして、「メンタリング」手法について、具体的に解説します。

 

*   *   *

 

■「メンタリング」と「メンター」

メンタリングとは、1990年代にアメリカから日本に入ってきた人材育成方法で、教える人(=メンター)が個別対応で教えられる人(=メンティ)の成長のために惜しみない支援を行うことです。

 

その語源は、古代ギリシャの長編叙事詩「オデュッセイア」に登場する、トロイ戦争に出陣したオデュッセウスの息子のよき指導者メントールの名に由来するといわれています。

 

このメンタリングの考え方を新入社員指導に取り入れたのが「メンター制度」です。従来の新入社員教育で行われてきたOJTやブラザー・シスター制度と異なる点は、仕事の知識やスキルを教えるだけにとどまらず、キャリアや会社生活全般について新入社員のよき相談相手になることです。

 

実は、これまでにもぞうしたことを無償の奉仕で行ってきた面倒見のよい先輩はいたのですが、昨今のビジネス事情や職場環境の変化とともに、そのような人は減ってきています。そこで近年、あらためてその存在の重要性が注目されるようになり、多くの企業が全社的に制度化して新入社員育成の一環として導入・活用を始めています。


■メンターに求められる資質とスキル

本テキストで、新入社員を指導する際の要点としてご紹介していく内容は、すべてメンタリングの考え方と手法に根ざしています。つまり、指導員であるあなたには、単なる「仕事を教える先輩」ではなく、「メンター」になることを目指してほしいのです。

メンターに必要な資質やスキルにはさまざまなものがありますので、ここで紹介しておきましょう。自分に当てはまるもの、できていることはいくつあるでしょうか。

 


【メンターに求められる資質とスキル】

 

◎メンターに求められる主な資質

□面倒見がよく、親身になって相談にのれる
□相手を全面的に受け入れる
□社会人として、企業人として自立している
□業務をスムーズに遂行できる
□会社の規律を守り、模範行動を示せる
□向上心があり、自己啓発にも積極的である
□コミュニケーションカに長けている
□指導力がある
□変化に気づく観察力がある
□将来へのビジョンをもっている


◎メンターに求められる主なスキル

□「聞き上手」になる傾聴力をもつ
□相手が話しやすくなる効果的な相づちを打つ
□「明確化」と「質問」を通じて相手の思いをくみとる
□相手が自分で考え、答えを出すように導く
□相手の心を開く質問をする
□相手から「引き出す」質問をする
□相手が自ら行動を修正するようにフィードバックする
□相手の意欲を引き出す「ほめ方」と「叱り方」を行う

 


「僕にはこんな資質はないよ」「私にこんな指導ができるかしら」と、かえって不安を感じてしまった人もいるかもしれません。しかし、それならそれでかまいません。足りないものは、これから指導員として指導を行っていくなかで一つひとつ身につけていけばよいのです。

 

また、新入社員の指導は、あなた一人でするわけではありません。まわりには、新入社員を支えるあなたと同じように、あなたを支えてくれる上司や人事担当者がいます。そうした人たちとコミュニケーションをとり、相談にのってもらいながら、指導に取り組んでいってください。

 


 

[監修者プロフィール]

茅切伸明 かやきり・のぶあき

株式会社ヒューマンプロデュース・ジャパン代表取締役。
慶應義塾大学商学部卒業。
株式会社三貴で婦人服部門を担当、ショップ店長として売上を3倍以上に伸ばし、不採算店を次々と再生させる。その後、住友ビジネスコンサルティング株式会社に入社し、約17年間セミナー事業部にてセミナーの企画、運営に携わる。ビジネスセミナーを年間200回以上、企業内研修を50回以上担当し、計6,000回以上のセミナー・研修を企画・運営・聴講してきた。2006年に株式会社ヒューマンプロデュース・ジャパンを設立。企画力と講師人脈を活かし、「輝く講師」「稼ぐ講師」をプロデュースするとともに、セミナー・研修のプロデュース、教育体系の構築、セミナー事業のコンサルティングなどを手がける。講師の育成や社員教育にメンタリングの手法を活用し、新しいプロデュース・スタイルを確立している。

 

大軽俊史 おおかる・としちか
ビジネスディベロップサポート代表。
同志社大学商学部卒業。
マーケティング企画会社での営業・企画を経て、1997年から株式会社日本総研ビジコン、2001年から株式会社日本総合研究所にて、経営コンサルティング活動に従事し、事業戦略・営業戦略構築支援コンサルティングで大きな成果を出す。2008年独立。研修・講演回数は1,300回を超える。ビジョン&事業戦略から組織・人善事戦略など一連のプロセスをワンストップで構築支援する数少ないコンサルタント。経営の最大課題は、人材のモチベーションマネジメントであると考え、自分の使命をパッションクリエーターと定義し、情熱の伝道師として「人を惹きつける情熱を持った人材を養成する」を指導モットーとしている。

 


 

PHP通信ゼミナール
「メンタリング」で共に成長する
『新入社員指導・支援の実践コース』

「メンタリング」の考え方に基づいたメンター的指導、対話を中心においた支援の仕方についてわかりやすく解説。新入社員を、自ら考え行動できる「自立型社員」へと育てるための指導・支援の仕方を、豊富なワークに取り組みながら、実践的に学んでいきます。


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ