課長職にマネジメントの革新を!
RSS

報連相の本質は「情報の共有化」にある

報連相の本質は「情報の共有化」にある

(2014年1月30日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
以前、ある先生がこんなことを言われていた。「社内のコミュニケーションが改善すれば、ほとんどの企業の業績はよくなるだろう」
 
 
目まぐるしくビジネス環境が変化する中にあって、もっとも貴重なものは〈情報〉ではないだろうか。
 
しかし、一口に〈情報〉といっても、その扱いはきわめて難しい。インターネットには情報が氾濫しているし、書店にいけばさまざまな情報本・ノウハウ本が軒を連ねている。膨大な情報の中から「何が重要ではなく、何が重要であるか」を見極めることは、大変困難な作業だといえる。
 
もちろん、こうした一般に溢れかえっている情報を読み取る作業も大切ではあるが、企業にとってもっとも大切にしなければならないものが〈現場情報〉である。また一方で、トップの考えや方針を現場に浸透させていくか、という逆方向の情報の流れも大切にしなければならない。組織の階層に即して言えば、「下から上へ」「上から下へ」という情報の流れである。また同時に、他部門との情報共有(横への流れ)も組織力を強化する上で、とても重要になってくる。
 
要約すると、以下のようになる。
 ・いかに現場の情報をスピーディーに吸い上げるか
 ・いかにトップの判断・方針をスピーディーに現場に浸透させるか
 ・いかに他部門と情報共有を図るか
 
こうしたことは、仕事の現場では〈報連相〉といわれている。すなわち、〈報連相〉とは情報の共有化の手段そのものであり、そのよしあしによって組織から生み出される成果は大きく変わることになるわけである。
 
今回、一般社団法人日本報連相センター様の監修のもとに、DVD『新入社員のための報連相の基本』を制作したが、あらためて〈報連相〉は新入社員の教育マナーではなく、組織の本質的な課題〈情報の共有化〉であると痛感させられたように思う。
 
だからこそ、新入社員への教育は当然のこととして、上司も先輩も、職場のメンバー全員が取り組むべき課題ではないかと思う。
 
 
PHP研究所 企画制作部  林 順一
 

 
●新入社員教育におすすめ! DVD教材●
 
~これだけは押さえておきたい仕事の進め方~
 
最も大切なビジネス・コミュニケーションの一つである報告連絡相談の要点をドラマ形式で解説しています。新入社員の導入教育の時期に、仕事の要である「報連相」教育を徹底させるための教材として、ぜひご活用ください。

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ