課長職にマネジメントの革新を!
RSS

研修施設 選び方のポイント

研修施設 選び方のポイント

(2016年4月18日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

研修の目的に合わせて外部会場を選ぶことにより、研修の効果が変わります。研修施設の選び方のポイントをご紹介します。

*  *  *

 

研修施設の選び方のポイント

 

利用条件

・研修の目的に合わせ、研修日程や利用時間の条件を決めておく

・懇親会を実施する場合は、時間の制約を確認しておく

 

立地条件(交通)

・全国から社員を集める場合は、所要時間がかかりすぎず、最寄りの駅から近い場所を選ぶ

・発想の転換、社員同士の親睦を図りたい場合は、環境を大きく変えるために、大自然の中の施設を選ぶのもよい(社員同士が共に語り合える環境にする)

 

研修室

・机のレイアウトを考えて研修室の大きさ・形を決める 

・視聴覚教材(プロジェクター、スクリーンなど)が揃っているか確認する

・インターネット環境を確認する

・複数会場を使用する場合は、宿泊場所と研修室の距離が適切か確認する

 

設備

・コピー機、DVDデッキ、モニターなど研修機材があるか確認しておく

・備品の貸し出しができるかを確認する

・照明、空調、トイレなど事前にチェックしておく

・ロビーや休憩室があるか

 

付帯施設

・社員同士の親睦を深める場合は、バーベキュー施設やアスレチックなど、共同生活ができる施設が必要である

・女性が多い場合は、リラクゼーション施設、男性が多い場合は、露天風呂や大浴場があるとよい

 

宿泊室

・研修施設内の宿泊の場合は、事前にアメニティグッズの有無を確認する

・できるだけ相部屋でなく、個室を用意する(禁煙・喫煙も確認する)

・講師用の宿泊を手配する場合は、到着時間、夕食の手配を確認する

・インターネット環境を確認する

 

サービス

・不測の事態に対応できるサービス体制がある

 (資料の追加印刷や備品の貸し出しなど)

 

食事

・合宿研修の場合は、毎日メニューを変えてもらえるかを確認する

・食事の要望は聞いてもらえるのか、複数のメニューから選べるのかを確認しておく

・混雑せずに利用できるように、事前に確認しておく

・夜食の準備ができるか確認しておく

 

入浴

・大浴場がある場合は、利用時間を確認する

 

費用

・施設利用経費は、できるだけ安く済ませたいが、施設の善し悪しで、受講者のモチベーションも変わり、研修の成果も変わるので、過度にケチらないほうがよい

 

 

ホテルの選び方のポイント

ホテルで実施する場合は、ビジネスホテルで研修するのか、シティホテルやリゾートホテルで研修するのかなど、目的・対象・コストなどによって変わってくる。シティホテルやリゾートホテルで研修をするのは、褒美的な要素もあり、豊かな気持ちでリラックスして受講できる環境になる。ビジネスホテルで研修する場合、宿泊パックプランなどが用意されており、比較的安く利用できる。

まずは、なぜホテルで実施するのかを考える必要がある。例えば、役員や幹部クラスの研修の場合、移動時間が取れないため、接客サービス研修の場合、一流ホテルのサービスを体験するためなど、ホテルの会場を選ぶときには、コストや立地・環境も考えて、研修の目的に合ったホテルを選ぶことが大切である。

 
※出典:『[実践]社員教育推進マニュアル』(2009年1月・PHP研究所発行)
 

 
〈PR〉
 
講師派遣セミナー
PHPゼミナールのオリジナルプログラムで、ご希望の研修会場に講師を派遣して研修を実施します。
 
 
 

 
【著者プロフィール】
茅切伸明(かやきり・のぶあき) 
株式会社ヒューマンプロデュース・ジャパン 代表取締役。
慶應義塾大学商学部卒業後、(株)三貴入社。 その後、(株)日本エル・シー・エー入社。 平成1年3月 住友銀行グループ 住友ビジネスコンサルテイング(株)(現SMBC コンサルティング(株))入社。セミナー事業部にて、ビジネスセミナーを年間200 以上、企業内研修を50以上担当し、他社のセミナーを年間50以上受講する。 平成18年4月 (株)ヒューマンプロデュース・ジャパンを設立。「本物の教育」「本物の講師」「本物の教育担当者」をプロデュースするという理念を掲げ、現在まで年間500以上、累計8,000以上のセミナー・研修をプロデュースするとともに、セミナー会社・研修会社のコンサルティング、セミナー事業の立ち上げ、企業の教育体系の構築なども手掛ける。 
著書に、『実践社員教育推進マニュアル』、通信教育『メンタリングで共に成長する新入社員指導・支援の実践コース』(以上、PHP研究所)、『だれでも一流講師になれる71のルール』(税務経理協会) 
 
 
松下直子(まつした・なおこ) 
株式会社オフィスあん 代表取締役。社会保険労務士、人事コンサルタント。 
神戸大学卒業後、江崎グリコ(株)に入社。新規開拓の営業職、報道担当の広報職、人事労務職を歴任。現在は、社会保険労務士、人事コンサルタントとして顧問先の指導にあたる一方、民間企業や自治体からの研修・セミナー依頼に応え、全国各地を愛車のバイクで巡回する。
「人事屋」であることを生涯のライフワークと決意し、経営者や人事担当者の支援に意欲的に向き合うかたわら、人事部門の交流の場「庵(いおり)」の定期開催や、新人社会保険労務士の独立を支援するシェアオフィス「AZ合同事務所」の経営など、幅広く人材育成に携わっている。
著書に、『実践社員教育推進マニュアル』『人事・総務マネジメント法律必携』(ともにPHP研究所) 、『採用・面接で[採ってはいけない人]の見きわめ方』『部下育成にもっと自信がつく本』(ともに同文舘出版)ほか。

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ