課長職にマネジメントの革新を!
RSS

質問、指名、コメント――研修講義のコツ

質問、指名、コメント――研修講義のコツ

(2016年5月31日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

社員研修で受講生に質問、指名、コメントする際に、気をつけるべきこととは? 研修講義のコツをご紹介します。

 

*   *   *

 

受講生への質問

 

講師の一方的な情報提供に終始するのであれば、本を読ませたりVTRを鑑賞させたりすればよいだろう。しかし、研修のよさはほかにもある。それは、研修が受講者と講師の対話の場という点である。受講者への効果的な質問や、受講者からの質問に対する適切なコメントこそが、研修の味わいのひとつであろう。有効に使えば、活気ある雰囲気をつくり出すことができる。

 

【質問の目的】

・受講者との親近感を生み出す

・インストラクションの一方通行を阻止する

・受講者の理解度を確認する

・受講者の思考を促し、研修効果を高める

・適度な緊張感を醸成する

 

【質問の順序】

1)全体に問う 

2)しばらく間をおく(考える時間を提供する)

3)自発的発言者に当てる(いなければ指名) 

4)2~3名に繰り返す

 

【質問の注意点】

・質問の意図を明確に

・簡単すぎたり、難しすぎたりしないように

・詰問調にならないように

・全員に対して、考え、答える機会を提供するつもりで

・よくできる人ばかりを指名しない(公平に公正に)

・一対一でやりとりしない(一対一のやりとりを全体に伝える)

・答えてくれたことに対して、感謝する

・答えをきちんと受け止める

・たとえ答えられなくても誠実に対処する、あまりヒントを出しすぎるのも失礼

 

質問に対する講師コメントの注意点

コメント(Comment)というと、一般的に「注釈、解釈、評論、批判、意見」などと訳されるが、もともとの由来についても考えてほしい。「Com=共に」「Commit=自分の立場を明らかにする、言明する人物や事柄に関わる」。すなわち、コメントとは「言葉を通じて、その対象に働きかける」ことである。

 

【コメントの注意点】

・饒舌さは不要、自分の考え、自分の言葉で語ること

・相手を論理で説き伏せたり、知識をひけらかしたりするためのものではない

・白黒はっきりしていることであれば、明快に伝えればよい

・大切なことは「相手に気づきのメッセージ」を与えること

・分からない質問に対しては、知ったかぶりせず、正直に分からないことを伝える

(ただし、後日調べて回答するのか、その場で全体に問うのか、分からないだけで終わらないように)

・あらかじめ、どんな質問がありそうか、想定しておくとなおよい

・平凡な日々の中で、非凡な「一日一発見」「言葉の探検」を積み重ねておく

(こうした中から、含蓄のある言葉が紡ぎ出される)

 

 


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ