課長職にマネジメントの革新を!
RSS

正しく実践できているか自信がない~コーチングQ&A

正しく実践できているか自信がない~コーチングQ&A

(2015年11月12日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
現在、私は職場の中では中間監督者で、店長・次長の次の販売主任を務めております。コーチング研修受講後、相手の士気・能力を高めるための話し方や、相手が自主的に仕事のスキルアップに取り組むような気づきを与えられるように考えながら部下との対話を実践しています。
しかし、時間が経過するとまた以前の自分に戻ってしまっているように感じます。コーチングのアドバイザ-が近くにいて自分の言動に対してフィードバックしてくれるわけではないので、どうしても自己流になりがちです。どのぐらいできていてどのぐらい足りないのかがわからないのも不安です。
(高田二郎・衣料チェーン店〈仮名〉)
*  *  *
 
 
ご質問の内容は、まさにそのとおりだろうと共感します。
コーチングの考え方やスキルはなかなか素晴らしいものだと感じて、職場で実践してみる、しかし、短時間の学習で十分にマスターしているわけではないので、これが正しいコーチングなのか、効果的なやり方なのかがわからない。効果もなかなか見えてこない。そして次第にコーチングから離れてしまうといった悩みをお聞きすることは決して少なくはありません。
このことは、日本中にコーチングを普及し、あらゆる職場で、すべての働く人々が存分に能力と個性を発揮できるようにしたいと願って活動している私どもにとっても、実に大きく、重いテーマです。
研修という形で言えば、一日研修を三~四回設定し、その間にそれぞれ一~二カ月間の職場での実践活動を組み込む、という方式が有効性・定着性という点で最もコストパフォーマンスが高いと考えられます。しかし時間的・費用的負担は大きく、企業の教育担当部門としてはなかなか踏み切れません。結局、一日か二日の集合教育でコーチングの基本を学び、あとは関心のある人の自学自習に任せる、というのが一般的なやり方です。
 

「自ら学ぶ」を基本スタンスに

以上が企業におけるコーチング教育の現状ですが、それをやむを得ないこととして受け止めた上で、あえて申し上げたいことがあります。
それは、自分の教育責任者は自分自身であり、自分を成長させるのは会社のためではなく自分自身のためである、という確固とした考え方をもっていただきたいということです。
これからのビジネスパーソンには、エンプロイアビリティ(雇われる能力=その会社に必要不可欠な能力)とともに、モバイルキャリア(どこでも通用する能力)を身につけることが必要だと言われています。企業にとっても、働く従業員にとっても、生き残りをかけた厳しい戦いが日々続いていくからです。
そして、これらの能力は、基本的には個人が自ら学び身につけるものだと考えるべきではないでしょうか。会社が必要性を感じてその一部を強制的に学ばせたとしても、それを「業務として勉強させられた」と受け取るのではなく、むしろ自分が学ぶべきスキルの入り口を会社が用意してくれたと捉え、そこから本当の学習、「させられる学習」ではなく「自ら学ぶ学習」が始まるのだと、そう考えたいものです。
 

コーチングをマスターしたいという思いを持ち続ける

コーチング学習についても同じです。入り口は会社が通してくれました。この後学び続けるかどうかは、本人の意欲次第だと考えられないでしょうか。私どもとしては何度も何度も、手を替え品を替え、学習のお手伝いをしたいと本気で思っています。
しかし、各企業の事情がそうもいかない以上、後はそれぞれの皆さんの自覚と意欲に期待するしかないのが実情なのです。
しかし、コーチングにほれ込み、マスターしたいという意欲さえあれば、さまざまな書籍もあり、通信教育やビデオもあり、個人で参加できるセミナーもあり、プロコーチと一定期間契約を結んで電話コーチングを受けることも可能です。スキルを上達させることは、必ずできます。
高田さんのご質問に対するストレートな答えになっていないのはよく承知していますが、現状ではこういうお答えしかできないこともご理解願いたいと思います。ぜひがんばってください。
 
 
【POINT】
「自ら学ぶ」という気持ちさえ保ち続ければコーチングは必ずマスターできる!
 
出典:『リーダーのためのコーチング実践Q&A』(2005年8月/PHP研究所)
 

 
【著者プロフィール】
星雄一(ほし・ゆういち)
1969年、松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)に入社後、(株)PHP研究所に出向。月刊「PHP」編集部、出版部、直販普及本部などを経て、1997年、同社取締役。2008年、専務取締役。2009年、任期満了により退任。
営業・編集・出版・子会社設立運営・人材育成と多方面の経験を活かして、PHPゼミナールの企画運営や研修講師育成にあたる一方、経営幹部のマネジメント、リーダーシップ全般の研修も担当。また、「PHPコーチング」プログラムを企画開発し、自らもコーチング講師として講演・講師活動を行なう。
現在、(株)PHP研究所客員。
 

〈PR〉
~基礎知識と基本スキルを習得するために~
コーチングの基本の考え方やその意義、なぜコーチングが求められているのかが、しっかりと理解把握できる入門コース。相手の可能性と自主性を引き出すコーチングスキルの基本が身につき、コミュニケーション能力とリーダーシップの向上につながります。

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ