課長職にマネジメントの革新を!
RSS

社員研修・教育

社員研修・教育の最新記事一覧

  • 朝礼では何を取り上げるかが肝心

    (2011年10月 3日更新)

    始業のベルがなると同時に、朝礼の担当者が前に立ち、朝礼を始める――どこの企業でも見かける光景でしょう。

    続きを読む

  • 退路を断つ

    (2011年9月30日更新)

    ここ数年、政治、経済、教育等、あらゆる場面で改革の必要性が叫ばれておりますが、その改革が成功し、事業や組織が再び輝きを増している事例はまことに少ないのが現状です。ではなぜ、改革は成功しないのでしょうか。その原因をひとことで言えば、どこかに逃げ道があることが考えられます。 

    続きを読む

  • クレームの心理【コラム】~芦田純子

    (2011年9月20日更新)

    久々に『イラッと』しました。

    パソコンソフトを2002から2010バージョンに変更した私は、これまでにwordやPowerPointで資料作成に要した時間に比べて倍近い時間をかけなければならなくなりました。

    続きを読む

  • チャンクダウンとチャンクアップ

    (2011年9月 9日更新)

    コーチングの重要なキーワードについて解説するシリーズ最終回です。  

    続きを読む

  • 今求められているコンプライアンス

    (2011年9月 2日更新)

    最近はコンプライアンスの意味する範囲はひろがってきており、社内規範の遵守、社会規範の遵守、そして企業の理念やビジョンに適った行動をとることまでをコンプライアンスととらえるようになってきています。

    続きを読む

  • GIVEできる人材とは

    (2011年8月31日更新)

    自動車関連業界に特化してビジネスを展開する人材派遣会社のA社(本社:名古屋市)。1998年の設立以来、確実に成長し続け、今や中部地区における存在感を増しつつあります。

    続きを読む

  • コミットメントとは

    (2011年8月17日更新)

    前回に引き続き、コーチングの重要なキーワードについて、簡単にご説明します。 

    続きを読む

  • 研修効果は測定できるのか?

    (2011年8月12日更新)

    企業を取り巻く環境が厳しさを増す中で、人材育成に対する投資効果がこれまで以上に厳密に問われるようになってきました。人材育成(特に研修)の効果を測定する取り組みは欧米で進んでおり、そのための手法として、カーク・パトリック法や、ジャック・フィリップス法、BEM(Behavioral Engineering Model)法などが開発され、多くの企業で導入されています。  

    続きを読む

  • シンガポールの熱気【コラム】~会場清晃

    (2011年8月11日更新)

    先日7/19(火)~7/25(月) “アジアの熱風・風雲児・昇龍”国際色豊かで活気あふれる賑やかな国 シンガポールを訪れました。国土は約710平方キロメートル(東京都くらいの広さに)、人口約500万人余り。シンガポールは世界で最も小さい国の一つであり、”小さな赤い点”という呼び名があります。

    続きを読む

  • 法令の理解がコンプライアンス実践の第一歩

    (2011年8月 1日更新)

    「コンプライアンス(compliance)」は「法令遵守」と訳されるように、一般的に「関係法令を守ること」と考えられてきました。しかし、現在では関係法令を守るだけにとどまらず、社内規範の遵守、社会規範の遵守、そして企業理念に適った行動をとること、というように、より広い意味でコンプライアンスの意味がとらえられるようなってきています。 

    続きを読む

  • 学習棄却

    (2011年7月29日更新)

    人や組織は何らかの出来事に直面した時、過去に自らが経験・学習し、獲得した知識を参照して対処しようとします。特に、大きな成果を上げた輝かしい経験ほど「成功体験」として後々の判断・行動に大きな影響を及ぼし続けるといわれています。

    続きを読む

  • ストロークとは

    (2011年7月26日更新)

    前回に引き続き、コーチングの重要なキーワードについて、簡単にご説明します。

    続きを読む