課長職にマネジメントの革新を!
RSS

部長には「教養」が求められる

部長には「教養」が求められる

(2016年8月30日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

なぜ部長には教養が求められるのでしょうか。ビジネスリーダーを対象とした「リベラルアーツ研修」が増えている理由を考えます。

 

*  *  *

 

部長には教養が求められる

昨今、ビジネスリーダーが教養を身に付けることを目的とした「リベラルアーツ(=教養)研修」が見直され、研修機会が増えてきています。

名経営者と呼ばれる人ほど教養を身につけているのは周知のとおりです。そしてこの「教養」は、部門経営者である部長にも強く求められます。時代や経営環境を認識して物事の本質を見抜き、意思決定し、トップのビジョンや戦略を部下に伝えて組織を動かすのが部長です。その拠り所となるのが自らの血肉となった「教養」なのです。また、部長自身が人生をよりよく生きるために、人間的な魅力を備えるためにも教養は不可欠といえるでしょう。教養を身に付けていく過程によって、物事の本質を見抜く洞察力、品性や品格といった人間力も磨かれていくものです。

 

教養を磨くとどのような効果があるのか

部長が経営者の右腕となるためには、経営者目線を持ち、専門知識だけではなく広く深い教養を備え、洞察力と人間的魅力を身につけなければなりません。そのためにも教養は必要です。

教養を身につけることで、自分の中にぶれない判断軸ができ、さまざまな観点からものごとを捉えることができるようになります。それ以外に、どのような効果があるかを考えてみましょう。

 

・学ぶことやより良く生きることに主体的な姿勢になって、何事にも真摯に取り組むことができる

・異文化や自らと異なる価値観を理解して、多様性を受容しつつ、幅広い世代や外国人とコミュニケーションがとれる

・感性が豊かになり、美意識、倫理観、規律意識が磨かれる

・精神的に豊かになり、生きる力、人間力が増す

 

教養研修はすぐに仕事の役に立つものではないですが、自分自身の生き方を見つめなおすきっかけになるとともに、相手の立場でものごとを考えられるようになることから、豊かな人間力を持った真のリーダー人材の育成につながる機会として位置付けられます。

 

名経営者と呼ばれる人は教養を身につけている

稲盛和夫氏(京セラ名誉会長・日本航空名誉会長)は「中国古典」、孫正義氏(ソフトバンク社長)は「孫子」、スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)は「禅の思想」から多くを学んだという発言をしています。一般教養は文化・歴史・哲学・宗教・倫理・科学・文学・芸術など多くの分野がありますが、ビジネスリーダーには、哲学や古典が向いていると言えるでしょう。

しかし、教養は勉強するだけでは、全く役に立ちません。試行錯誤しながら、自分の経験・体験を知恵や信念、価値観に醸成できるまで考えることが大切です。

現在は変化のスピードが早くなっている上、価値観が多様化しているため、答えがひとつではないことが多くあります。その最適解を見つける時に、血肉化した教養が活きてきます。

 

部長がビジネスリーダーとして、主体的、自主的に動き、自己管理をしながら業務を遂行することで、会社や社会に貢献していく。さらに、自分の人生を豊かに生きていくためには、教養を身に付ける機会を提供する必要があります。部長が教養を磨く環境をつくるために、自己啓発として講演会やセミナーの聴講、雑誌の購読を推奨する、あるいは課題図書を与えるといったことをおすすめします。

 

部長研修

 

【著者プロフィール】

茅切伸明(かやきり・のぶあき)

株式会社ヒューマンプロデュース・ジャパン 代表取締役。
慶應義塾大学商学部卒業後、(株)三貴入社。 その後、(株)日本エル・シー・エー入社。 平成1年3月 住友銀行グループ 住友ビジネスコンサルテイング(株)(現SMBC コンサルティング(株))入社。セミナー事業部にて、ビジネスセミナーを年間200 以上、企業内研修を50以上担当し、他社のセミナーを年間50以上受講する。 平成18年4月 (株)ヒューマンプロデュース・ジャパンを設立。「本物の教育」「本物の講師」「本物の教育担当者」をプロデュースするという理念を掲げ、現在まで年間500以上、累計8,000以上のセミナー・研修をプロデュースするとともに、セミナー会社・研修会社のコンサルティング、セミナー事業の立ち上げ、企業の教育体系の構築なども手掛ける。 
著書に、『実践社員教育推進マニュアル』、通信教育『メンタリングで共に成長する新入社員指導・支援の実践コース』(以上、PHP研究所)、『だれでも一流講師になれる71のルール』(税務経理協会) 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ