課長職にマネジメントの革新を!
RSS

なぜ若手社員研修で仕事の定義を考えさせるのか?

なぜ若手社員研修で仕事の定義を考えさせるのか?

(2017年6月 9日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

若手社員に、やりがいや誇りが持てる「仕事の定義」を考えさせることで、おのずと気がきく発想や行動につながっていきます。

 

*   *   *

 

自分の仕事をどのように定義づけるか

前回は気がきく人は、「感情をコントロールし、思考をプラスに切り替える」ことが上手であるとお話しいたしました。それでは、どのようなことを意識させると気がきくようになるのでしょうか。その有効な方法の一つとして、「仕事の定義」について考えさせることをお勧めいたします。

私たちは日々お客様に商品を通じて価値を提供するために仕事をしています。そして仕事には、一人ひとりの生き方や考え方が出ます。

人は自分が定義づけた通りの仕事をしています。ただし同じ仕事であっても、人によってその定義の仕方は異なります。自分の仕事をどのように定義づけるかで、仕事への取り組み方、提供する価値が大きく変わります。

仕事の定義は自分で決めることができます。もし今の仕事にやりがいが持てなければ、やりがいのある仕事の定義を考えさせる研修が有効です。人材開発部のあなたは自分の仕事をどのように定義づけて取り組んでいますか?

 

タクシーの運転手の事例

タクシーの運転手の事例を参考にして「仕事の定義」について考えてみましょう。皆さんはタクシーを利用したときに、運転手の応対の善し悪しに差があると感じませんか?その対応によって気分をよくしたり、反対に気分を害したりします。

タクシーに乗って行先を伝えると無表情・無言で発進する、返事をしない、降りるときにお礼も言わない不愛想な運転手がいます。

その反対に、「ご乗車ありがとうございます」とさわやかな挨拶をし、行先を伝えると「はい、かしこまりました」と笑顔で応えてくれる運転手もいます。お客様の様子を見ながら、退屈そうだと察するとさりげなく話しかけてくれます。そっとしてほしいオーラを放っているお客様には、静かな空間を提供します。降りるときは笑顔で目を合わせて、「ありがとうございます。お忘れ物のございませんように。お気をつけていってらっしゃいませ」と、言葉を添えて送り出してくれます。 

これらの応対の違いが何によるものかと考えたとき、それは運転手の仕事の定義の仕方に本質的な原因があると思うのです。前者の運転手は、きっと「お客様を安全に目的地にお送りする」ことが自分の仕事だと考えているのでしょう。そこには感じよくお客様に接して、快適さを提供しようという意識はありません。そもそもお客様を「快適に送り届ける」ことが自分の仕事だという認識がないから、それが応対の仕方に出ているのでしょう。

一方、後者の運転手は、「お客様を安全に快適に目的地にお連れし、その後も穏やかな気持ちで過ごしていただく」ことを考えながらお客様と接しているのだろうと推察できます。

そのためには、運転手自身が感情をコントロールして楽しく仕事に向き合い、お客様に乗車時間を快適に過ごしていただこうという意識が働きます。それが快適に過ごしていただく工夫につながり、気がきく行動に近づいていきます。

 

気がきく事務職は何を意識して仕事をしているのか?

もうひとつ事例を挙げます。事務職の仕事であれば、気がきく人はどのような定義を考えるでしょうか? 毎日、決められたことを決められたとおりにすることは大切です。しかし、ルーティンワークをこなすだけの人は、笑顔も出ないし、創意工夫もできないでしょう。

「事務の仕事を通して周りの役に立ち、生産性を上げてお客様や働く仲間に貢献し関わる人を幸せにする」ことが自分の仕事として取り組んでいる人は、笑顔が出て、どんどん仕事の質も高まっていくでしょう。

 

やりがいや誇りが持てる「仕事の定義」を研修で教える

仕事は人を幸せにするためにするのです。人の役に立つことでやりがいや誇りを感じる仕事の定義にすることが重要です。そのために、「どのようにすれば周りの役に立てるのか」「どのようなことを期待されているのか」「期待に応えるために何ができるのか」「誇りを持って取り組むために何が必要なのか」……このようなことも含めて、しっかり考えることが大切であると教えてあげてください。

自分の仕事を明確に定義づけることができたら、おのずと気がきく発想や行動につながっていくはずです。

仕事の知識やスキル、テクニックを教える前に、こうした考え方や取り組む姿勢を教えることが、いかに大切かがおわかりいただけたと思います。人材育成において、その土台となるところをしっかり根づかせることで、気がきく社員を育てることができます。

 

 

若手社員研修

 


 

増谷淳子 (ますたに・じゅんこ)

株式会社ソフィアパートナーズ 代表取締役。日本航空(株)の客室乗務員として培ってきたおもてなしの心とコミュニケーション力を活かし、企業の人材教育企画、指導、育成に従事。2006年、株式会社ソフィアパートナーズ設立。「人間力教育」により「使命感」「気配り」「感謝の心」を育み、組織に貢献できる社員に導くことを使命とする。教育に関する問題解決のため、「ひと」のマインド&スキルアッププログラム提案、カスタマイズされた誠実な教育には定評があり、リピート依頼も多数。


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ