課長職にマネジメントの革新を!
RSS

人財・人材・人在・人罪――4種類のジンザイ

人財・人材・人在・人罪――4種類のジンザイ

(2016年2月12日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

4月の新入社員研修の準備をなさっている人事・教育ご担当者様も多いと思います。そこで、今後3回にわたって、新入社員(若手社員)研修で使える話のネタをご紹介いたします。

 

ジンザイには4種類ある。すなわち、「人財」「人材」「人在」「人罪」。

 

[解説]

「材」という漢字は、「まっすぐで建築などに有用な木」のことを意味します。したがって「人材」とは企業にとって貴重な能力をもった社員、貢献してくれる社員といった意味であり、すべての従業員が人材であることが理想なのです。

 

あとの3つは当て字です。「財」は「たからもの」の意味なので、「人財」は人材の中でも特に貴重な存在のこと。「人在」は会社にただいるだけの人。「人罪」は会社にいること自体がマイナスになるような人のことです。

 

会社に対する社員の貢献度を、〔その人の生み出した成果〕-〔その人に要したすべての費用〕という観点から考えてみましょう。この答えが非常に大きなプラスの人が「人財」であり、プラスの人が「人材」、ほぼゼロの人が「人在」、そしてマイナスの人が「人罪」にあたるといえるのです。

 

ところで、新入社員はほとんどすべての人が「成果」などまだなく、「費用」だけがかかっています。ということは、先ほどの式で言えばマイナスになり、「人罪」にあたることになります。でも、入社後しばらくの間はすべてにおいて勉強中の見習い期間であり、「経費」の方が「成果」より大きくなるのはあたり前なので、新入社員は「人罪」という評価をする対象ではないのです。

 

しかし、1年経っても2年経っても入社時と同じ状態であれば、その人はいずれ「人在」もしくは「人罪」とみなされるでしょう。会社は、新入社員すべてを「人材の卵」とみなしており、中には「人財の卵」がいくつか混ざっていることを期待しているのです。その期待に応え、一日も早く「人材」と認められるように日々努力していきましょう。

 


 
[PR]
 
新入社員研修・教育―導入&フォロー
 
PHP研究所がご提案する新入社員研修・教育では、「社会人としての心構え」「企業人としての役割認識」を何よりも重視します。ぜひご活用をご検討ください。
 
 

 

 

的場正晃(まとば・まさあき)

神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程にてミッション経営の研究を行ない、MBAを取得。現在は(株)PHP研究所 直販普及本部研修企画部部長。
 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ