課長職にマネジメントの革新を!
RSS

人材育成の視点

人材育成の視点の最新記事一覧

  • 問いかけ、考えさせる指導―新入社員・若手社員を育てるポイント

    (2013年8月 1日更新)

    前回に引き続き、新入社員・若手社員を育てるポイントについて考えてみたいと思います。

    続きを読む

  • 新入社員・若手社員の効果的な育成―OJTリーダーシップ

    (2013年7月 1日更新)

    今年入社の新入社員の多くが現場に配属になる時期になりました。いよいよ彼ら彼女たちの育成のステージが現場でのOJTへと移行し、上司・先輩・指導員から直接間接に指導を受けることになるのです。この先も、新入社員が順調に成長していけるかどうかは、ひとえに現場の指導者の指導力に負うところが大きいといえるでしょう。

    続きを読む

  • 組織社会化と内定者研修・教育

    (2013年6月17日更新)

    今年の採用活動もほぼ終盤に入り、採用・教育のご担当者の方々は、内定者教育の企画・準備に取り組まれているのではないでしょうか。そもそも内定者教育とは何のために行うのでしょうか? そして、どんな教育を行えばいいのでしょうか?
     

    続きを読む

  • 「なぜ働くのか」「なぜこの仕事をするのか」と問う

    (2013年6月 3日更新)

    以前、大阪の専門学校・A学院の理事長さんからお聞きした話が今でも印象に残っています。A学院では、数年前に教育プログラムを大幅に見直し、専門知識の学習に入る前に、「なぜ、あなたは語学の勉強をするのか」「なぜ、あなたは福祉の資格をとりたいのか」「その勉強があなたにどのように役に立つのか」といったような問いかけを学生に投げかける時間を設けたそうです。

    続きを読む

  • 組織変革に求められる「素直な心」

    (2013年5月15日更新)

    多くの組織で変革の必要性が叫ばれていますが、思うように変革が進んでいるケースは稀なようです。変革が進まない理由はいくつか考えられますが、最大の要因は、変革の担い手となるべき人たちの囚われたものの見方・考え方に起因していると言っても過言ではないでしょう。

    続きを読む

  • 仮説を立てる

    (2013年5月 1日更新)

    変化の激しい時代、先行きが見えにくい状況であるからこそ、仮説を持っているかどうかが、ものごとの成否を分ける要因になります。

    続きを読む

  • 自修自得の新入社員を

    (2013年4月15日更新)

    4月も後半に差し掛かり、導入教育期間が終わって、新入社員を現場に配属(あるいは仮配属)させる企業も多いのではないでしょうか。

    続きを読む

  • 「まねる」ことで成長は加速する

    (2013年4月 1日更新)

    脳に関する研究が進み、さまざまなことがわかってきました。私たちの脳には、目の前にいる人の動作や、その動作の意図や感情を写し取る鏡のような脳細胞(ミラーニューロン※1)があるそうです。

    続きを読む

  • 「業務」と「職務」のちがい―新入社員育成のポイント【コラム】

    (2013年3月15日更新)

    今年もあと数日で、新入社員を迎える時期になりました。次代の経営を担う貴重な「人財の卵」ですから、大切に育て、ビジネスの基本をしっかり理解させたいものです。

    続きを読む

  • 人を育てる「どつき」の質問

    (2013年3月 1日更新)

    昨今、若い人たちを中心に考える力が急速に低下していると言われています。(若い人たちだけではないかもしれませんが…。)

    続きを読む

  • 厳しさとコミュニケーション

    (2013年2月15日更新)

    最近の多くの職場では、上司が部下を厳しく叱責する場面が少なくなりました。その背景には、若者が精神的にもろくなっており、ちょっとした上司の言動がきっかけでメンタルダウンを起こしかねないこと、またそうなってしまうと、パワハラや管理不行き届きとして上司の責任が問われる恐れがあること、などの要因があるように思われます。

    続きを読む

  • 「ゆとり世代」をどう育てるか

    (2013年2月 1日更新)

    「ゆとり世代」の若手社員の扱いに手を焼いている方も多いのではないでしょうか。「ゆとり世代」とは、学習指導要領による、ゆとり教育を受けた世代を総括した呼び方であり、1987年生まれを中心とした20代前半の若者たちのことを指します。

    続きを読む