課長職にマネジメントの革新を!
RSS

部下のやる気を引き出す声かけ――モチベーション喚起を考える

部下のやる気を引き出す声かけ――モチベーション喚起を考える

(2014年3月17日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check
企業の人材マネジメントにおいて、モチベーション(やる気)の喚起が大きなテーマになっています。いったいどうすれば上司は、部下をやる気にさせることができるのでしょうか。

 

*  *  *  *  *

 

いろいろな要素が考えられますが、最も重要であるのは「部下の心に火をつけることば」をかけ続けることではないでしょうか。ビジネスであれスポーツであれ、あらゆる組織で人のやる気をうまく引き出しているリーダーは、例外なくことばを巧みに使いこなす術に長けています。
 
組織を構成する人々は、育った環境や持って生まれた個性が異なっている以上、一人ひとり、ことばに対する受け止め方・感じ方が違うのは当然です。例えば、部下のAさんは「気合を入れていこう!」ということばをかけられると燃えるけれども、Bさんは、「ありがとう」ということばをかけられるとその気になる……、というように、それぞれやる気を高めるアプローチの仕方は違うのです。すぐれたリーダーはそのことを充分に認識し、一人一人にかけることばを変えているのです。
 
また、その気にさせることばであったとしても、毎日繰り返し聞かされていると、聞く側はだんだん慣れが出てきてことばの力が低下するものです。先ほどの例でいえば、Aさんに毎日「気合だ!」ということばを単調に繰り返すのではなく、「気合だ!」以外にもAさんがやる気を高められるようなことばを上司が見つけておいて、うまく使い分け、変化をつけることが効果的なやる気向上のためには大切になるのです。もちろんそのためには、日ごろから部下をよく観察し、何がこの人にとって効果的なことばになるかを判断しておくことが必要になることは言うまでもありません。
 
このように、リーダーはたくさんの語彙(ごい)を持っていないと多様な部下のキャラクターに合わせた動機付けができなくなりますし、変化をつけた効果的な動機付けもできなくなってしまうのです。「マネジメントの武器はことばしかない」と断言する経営者もいます。やる気を引き出すことが難しい経営環境にあるからこそ、人を預かるリーダーは相手の心に響くようなことば=言霊(ことだま)を豊富に持つことが大切になってくるのではないでしょうか。
 
 
 
的場正晃 まとばまさあき
神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程にてミッション経営の研究を行ない、MBAを取得。現在は(株)PHP研究所経営理念研究本部研修事業部部長
 
 
【PR】
創設者・松下幸之助の人材育成をもとに独自開発した課長研修コース(公開セミナー)です。2日間の集中研修で、課長職の役割・責任とは何かを、講師や異業種の管理職と徹底的に討議。衆知を集めたチームマネジメントのポイントを学んでいきます。
 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ