課長職にマネジメントの革新を!
RSS

新入社員を成長させるものとは何か?

新入社員を成長させるものとは何か?

(2014年4月 1日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

新入社員を成長させるものとは何か? 新入社員研修・新人教育についての、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

 

*   *   *

 

新年度に入り、今年もたくさんの若者が社会人の仲間入りを果たしました。夢と希望に満ちた新入社員を迎えるこの時期は、組織が活性化されるチャンスでもあります。そのためにも、彼ら彼女たちの個性を引き出しつつ、可能性を開花させるような指導が求められます。

 

最近の若者たちの中には、組織と個人の関係性を現実的に直視し「何らかの専門性を身につけないと厳しい時代を生き残れない」という認識のもと、資格取得のための対策講座や社会人大学院で学ぶ人が増えているそうです。仕事をしながら学ぶということは、それ自体は素晴らしいことです。しかし、気になるのは、自己啓発に対する熱意と同じくらいの熱意を仕事の中で、もてていない方が増加しているように感じる点です。「自分のやりたいことはこんな仕事ではなかった」とか、「今担当している仕事は自分の成長に結びつかない」といった考え方をする人が多いのです。

 

しかし、日々の仕事はほんとうに自分の成長に結びつかないのでしょうか。ある経営者は、自身のキャリアを振り返って「目の前に与えられた仕事、一見すると雑用のような仕事でも常に全力投球してきた。その積み重ねが今の自分をつくってきた」と述べています。成功者と呼ばれる人の多くが同様の発言をしていますが、そう考えると世の中には無意味な仕事というものは存在しないのではないでしょうか。要するに受け止め方の問題であって、目の前の仕事に心を込めれば「雑用」に見える仕事が自分の成長を促す「砥石(といし)」になりうるのです。

 

あくまでも、自分をいちばん成長させてくれるのは日々の仕事であり、そこに心を込めていくことが最優先されるべきである。その上でなお余力があれば、自己啓発をしていけば理想的であるが、あくまでも順序としては、仕事が一番である――。

 

新入社員の方々がこれからの時代を生き抜く人間力を養い高めるために、日々の仕事を通じて成長することの意味を、繰り返し伝えていきたいものです。

 

 

的場正晃 (まとば・まさあき)

神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程にてミッション経営の研究を行ない、MBAを取得。現在は(株)PHP研究所経営理念研究本部研修事業部部長

 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ