課長職にマネジメントの革新を!
RSS

新年にあたって

新年にあたって

(2016年1月 1日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

新年あけましておめでとうございます。

本年最初の『人材育成の視点』は、松下幸之助のことばをご紹介いたします。

本年も、「PHP人材開発」を何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社PHP研究所 直販普及本部

                         研修企画部長  的場 正晃

 


 

初心

 

幼き日、まだ西も東もわからぬころ、やさしい母からは時にきびしく、きびしい父からは時にやさしく、ハシの持ち方からクツのはき方まで、手に手をとって教えてもらった。時にケンカをしながらも兄から教えてもらったこともあるし、姉に導かれたこともある。小学校の先生からも隣のおばさんからも、時にのぞみ折にふれて、いろいろのことを教えられ、それを素直にききつつ、また自分でも考え、そして次第に成長していった。

 

密林のなかで、動物に育てられた人間の子は、動物みたいなふるまいになっていたという実例があったけれども、ありがたいことにお互いは人間のなかに生まれ育てられ、たくさんの人びとの教えや導きをうけつつ、人間として成長してきたのである。

 

それがいつのまにか、他人の言をおろそかにするようになる。われ成長せりと思うからだろうけれども、どんなに成長しても、他人の言うことに耳を傾ける心を失ったら、それはもはや自分を失うことにもなりかねない。

 

“初心にかえる”とは、あの幼き日、人に教えられ人に導かれていたあのころの、あの素直な心をとりもどすことではあるまいか。

 

出典:『続・道をひらく』松下幸之助(PHP研究所)


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ