階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

エグゼクティブコーチングの効果とは? 適したコーチの選び方をご紹介

2022年7月11日更新

エグゼクティブコーチングの効果とは? 適したコーチの選び方をご紹介

経営者を対象にしたエグゼクティブコーチングには、どのような効果があるのでしょうか。今回はエグゼクティブコーチングの必要性や効果について解説します。エグゼクティブコーチを選ぶポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

INDEX

エグゼクティブコーチングの必要性

経営者は、重要な経営課題に関して最終的には自ら判断を下し、企業の方向性を定めて組織を牽引していかなければなりません。それゆえに、企業を発展させるためには、経営者自身の成長が欠かせないのです。経営者がどれだけ成長できるかが、企業の業績を大きく左右します。変化が早く予測不可能なVUCAの時代にあって、その責務は以前とはくらべものにならないほど重くなっています。
ところが、組織のトップに立つ経営者には相談できる相手が少なく、悩みや課題を1人一人で抱え込みがちです。そこで今、注目されているのが、エグゼクティブコーチングです。
エグゼクティブコーチングでは、優れたコーチが、コミュニケーション・プロセスを通じて経営者のなかにある思いや志、理想とする経営の在り方を引き出し、主体的に気づきを得られるよう伴走します。
そして、コーチとの対話を通じて、目指すべきゴールや次の打ち手を明確にすることで、より早く、確実な意思決定が可能になります。
今、エグゼクティブコーチングの需要が高まっているのは、そうした背景があるからだといえるでしょう。

エグゼクティブコーチングの4つの効果

エグゼクティブコーチングの4つの効果

経営者を対象にしたエグゼクティブコーチングで得られる効果には、次のようなものがあります。

  • 経営者の意識改革・行動変革が期待できる
  • より早く、確実な意思決定が可能になる
  • 組織全体に好影響を与えられる
  • 肯定的な人間観をもつことができる

それぞれの効果を確認していきましょう。

1.経営者の意識改革・行動変革が期待できる

エグゼクティブコーチングでは、経営者の悩みや課題をテーマとして扱います。経営者は、コーチのリードによって自身の考えを整理しながら、志やミッションに気づくことができます。
目先の忙しさに追われて考えることができなかった志やミッションを定めることで、意識や行動が変わり、それは企業経営においても成果をもたらしてくれるでしょう。

2.より早く、確実な意思決定が可能になる

市場予測が困難なVUCAの時代において、経営者の判断は、以前とは比べものにならないほど重要さを増しています。常にプレッシャーにさらされている経営者は、精神的にもタフである必要があります。
エグゼクティブコーチングでは、「恐怖や不安に対してどのように対処するか」というアプローチができるため、経営者にとって精神的な支えになります。
また、最終的な経営判断を下すのは経営者自身ですが、判断に至るまでの思考プロセスはコーチがサポート可能な領域です。コーチのサポートを受けることで、一人で悩みを抱えるよりも冷静に適切な判断ができるようになります。

3.組織全体に好影響を与えられる

コーチはコミュニケーションのプロです。コーチの話し方や聴き方、質問の仕方などを参考にすることで、社長自身のコミュニケーション力が向上します。
経営者に話がしやすく風通しのいい組織になると、現場の様々な情報が経営者に入ってくるようになり、より的確な経営判断ができるようになるでしょう。
実際に「PHPエグゼクティブ・コーチング」を利用してコーチングを受けた経営者は、「どのような態度をとれば相手が話しやすいのか、また話す気持ちになるのかも学ぶことができました。経営者に欠かせない資質であり、その意義も大きかったと思います。」と話しています。

「PHPエグゼクティブ・コーチング」はこちら

4.肯定的な人間観をもつことができる

エグゼクティブコーチングによってこれまでの考え方や価値観が変わり、社員に対して肯定的な人間観をもって関わることができるようになります。
社員の失敗を良くないことだと感じていた経営者が、エグゼクティブコーチングを経て「失敗は挑戦の証」だと考えられれば、失敗した社員にも寛容になり「次はどのように行動したら良いか」など肯定的な見方ができます。
その結果、社員は臆さずにさらに挑戦を続けられます。人は行動と振り返りを繰り返して少しずつ成長していくものであり、そのサイクルを回していくことで即戦力を育成できます。
エグゼクティブコーチングを受けることが、社員の成長にもつながります。

参考記事:「成功循環モデル」とは? 注目を集める背景や成功のポイントを解説

エグゼクティブコーチの選び方 3つのポイント

エグゼクティブコーチの選び方 3つのポイント

エグゼクティブコーチングを実施するにあたって重要になるのが、コーチの選び方です。単に資格や経歴だけで選んでしまうと、期待したような効果が得られない可能性があります。コーチの選び方には、次のようなポイントがあります。

  • ビジネスや経営経験が豊富である
  • 高いコミュニケーション力で経営者のやる気を引き出すことができる
  • 資格や経歴だけで選ばない

1.ビジネスや経営経験が豊富である

コーチを選ぶときは、ビジネスや経営において経験豊富な人材を選定するのがおすすめです。ビジネスや経営について一定の知見がなければ、経営者の悩みを理解し、共感することが難しくなってしまいます。 ビジネス経験のあるコーチは、課題に直面した際の乗り越え方や考え方も熟知しているため、あらゆる悩みを抱える経営者を支援してくれます。

2.高いコミュニケーション力で経営者のやる気を引き出すことができる

単に経営者の悩みを聞くだけではエグゼクティブコーチングとは言えません。経営者の話のなかから、経営者自身が思い描くゴールを明確にし、いかに具体的な行動プランを立てるかが重要になります。
行動プランを立てる上では、具体的な数値や期間、達成可能度などを確かめます。経営者がやる気に満ち、自ら行動を起こしたくなるようなプラン作成を支援し、動機付けができる力量を持つコーチを選ぶのがおすすめです。

3.資格や経歴だけで選ばない

コーチを選ぶ際に、ともすれば資格や経歴を重視してしまいがちです。良いコーチであるかどうかは、資格や経歴だけでは測ることができません。華々しい資格や経歴があっても、傾聴しなかったり、一方的なアドバイスに終始してしまえば、経営者は安心してコーチングを受けることができないでしょう。
コーチは、経営者より年上であったり業界エキスパートであったりする必要はありません。深い学びを支援してくれる人を選びましょう。エグゼクティブコーチングを提供する会社によっては、事前ヒアリングを通して適切なコーチのマッチングをサポートしてくれる場合もありますので、積極的に活用しましょう。

「PHPエグゼクティブ・コーチング」はこちら

経営者/幹部育成TOPへ

新着記事経営者/幹部育成