課長職にマネジメントの革新を!
RSS

トップが綴る わが人生の師~永野雄造

トップが綴る わが人生の師~永野雄造

(2013年11月19日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

社会人になって約半世紀、自問自答の連続でした。若い頃は、物事を“虫の目”でとらえて判断することが多々あり、躓いたり転んだりしました。
 

当時、大空から大局的にとらえる“鳥の目”があったなら、違う結果だったかもしれません。だから、“人生皆師”を実践できなかったのだと反省しています。

 

私の今があるのはもちろん両親のおかげですが、戦争のため、育ての親は祖父母でした。祖父母の徳のおかげで、周囲からの支援は多かったと思います。小五のときの先生からは、勉強の面白さを教わりました。中三のときの先生には進学を進められ、高校の先生を通じて化学の実験に興味をもちました。そのおかげで合成樹脂を製造する旭有機材工業(株)やコンデンサをつくる宮崎松下電器(株)[現パナソニックSN九州(株)]に就職できました。その後、起業のため、宮崎松下電器を退社し、スーパーマーケットで小売の勉強をしました。これらの会社でも、多様なタイプの上司から多くのことを学びました。


独立したばかりの頃は小売りの世界に戸惑うことも多く、結局、七、八年は鳴かず飛ばずの状態で食べるのがやっとの生活でした。もうサラリーマンに戻ろうかと家内に相談していた矢先、運命的な出会いがありました。熊本のY社長からのご紹介で東京のS先生と出会い、さらにS先生のおかげで繁盛店のオーナーさんたちとご縁ができたのです。
 

知り合ったオーナーさんたちは、皆親切でした。そうした“商友さん”とのお付き合いのなかで、「人に親切だから繁盛する」という法則を勝手に編み出しました。彼らのおかげで、徐々にではありますが、私の店も繁盛店の仲間入りをしていきました。家内も相棒として強力な支援をしてくれました。一人だったらとても無理だったと思います。
 

相棒との二人三脚で事業拡大を図り、日本一のコーペラティブチェーン・CGCグループに加盟(2013年7月1日現在、227社で4兆2613億円)し、より多くの優良企業に学んでいます。また、福岡のS会長から学んだ「道徳と経済は一体」という考え方は、松下電器時代に学んだPHPの精神そのものでした。
 

学ぶ意欲があれば誰からでも学べます。小さな積み重ねが重要です。悔いなき余生をまっとうするためにも、善を積み、徳づくりに励んで、二代目社長を支援していく決意です。

 

株式会社永野(うめこうじ・ながの屋)会長・永野雄造

 

出典:『トップが綴る わが人生の師』(2013年10月・PHP研究所 直販教育図書)


メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ