課長職にマネジメントの革新を!
RSS

持ち越し苦労、取り越し苦労をしない【朝礼・研修のスピーチ】

持ち越し苦労、取り越し苦労をしない【朝礼・研修のスピーチ】

(2014年10月 6日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

どんなことでも、失敗はしないほうがいいに決まっています。しかし、人生はそううまくはいきません。

 

むしろ失敗したときにどうするか?
そこに人生をよりよく生きるヒントがあるのではないでしょうか。
 
人間は失敗を恐れます。そして、まだ見ぬ将来について「ああでもない、こうでもない」と考えすぎてしまうのです。
 
中国のことわざに「杞憂(きゆう)」という言葉があります。
「昔、中国の杞という国の人が、天が崩れて上から落ちてくるのではないかと心配した」という故事から出た言葉で、ムダなことを心配する愚かさを暗に示しているのです。
たとえば、いつ起こるかわからない地震を恐れて、机の下に隠れて生活する人はいないでしょう。
同じように、考えても仕方のないことを恐れて、行動を起こさなければ、人生をかえってムダにしてしまうのです。それよりも、私たちは「今」を生きているのです。
今、このときをムダにしない。そういう生き方こそ必要ではないのでしょうか。
 
出典:CD『元気が出る朝礼120話』(PHP研究所・刊)
執筆:秋庭道博
 
 

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ