階層別教育のご提案

公開セミナー・講師派遣

通信教育・オンライン

DVD・テキスト他

「つながること」と「素直さを維持すること」~若手社員が自ら成長するための条件【後編】

2021年3月16日更新

「つながること」と「素直さを維持すること」~若手社員が自ら成長するための条件【後編】

企業における人材育成(特にOJT)のあり方が大きく変化しつつある今、育成に対する考え方も根本的な見直しを迫られています。特に若手社員の方がたには、上司や先輩に「育ててもらう」という受け身の姿勢から脱却し、日々の業務を通じて「自ら成長する」という発想が求められています。

前回(「自分を知ること」と「主体性をもつこと」~若手社員が自ら成長するための条件【前編】)は、若手社員の方がたに知っておいてほしい「自らを成長させるための4つの条件」のうち、第1の条件「自分を知ること」と、第2の条件「主体性をもつこと」をご紹介しました。今回は、第3、第4の条件について解説いたします。

第3の条件「つながること」

どんなに有能な人でも一人でできることには限界があり、他者と協働し、他者からの支援を受けることで達成できることがたくさんあります。逆に言えば、自分の力だけでは達成が困難な課題に直面したら、能動的に周囲にはたらきかけ、支援を求めることが大切であるということです。仕事ができる人ほど、何でも自分でやってしまおうと思いがちですが、その思考パターンが固まってしまうと、成長がある時点で頭打ちになり、それ以降、能力開発が止まってしまうことが間々あります。そうなると周囲から、「彼(彼女)は、入社時は優秀だったのに、最近は伸び悩んでいるな」という評価につながってしまうのです。

したがって、大切なのは「他者からの支援を求める積極性」をもつことと、「他者から支援をしてもらえるような日ごろからの言動」を心がけることです。他者から支援を受けるためには、常に相手の立場にたって発想し行動する「利他の精神」が必須条件になります。その精神をもって、周囲の人たちのためにどのようなお役立ちができるかを考えながら仕事をすることです。このような努力を地道に続けていけば、周囲の人たちとのつながりが強固になり、協働を通じた成長が後押しされるでしょう。

第4の条件「素直さを維持すること」

経営コンサルタントの小宮一慶氏は、経営指導を通じて数多くの人を見てきた経験から、成長する人に共通しているのは「素直な心」をもっていることだと述べています。素直な心をもっている人は、新しい情報や知識を吸収することにどん欲なので、さまざまな気づきを得て成長が促進されます。また、自分の考えや過去の成功体験にとらわれることなく、目の前に起きている現実を直視するので的確な判断ができ、仕事や人生で成功する確率が高まります。

このように、素直な心になれば、成長と成功の両方を手に入れやすくなりますが、その状態を維持するのは簡単ではありません。成功体験を重ね、地位や肩書きを得るようになると、往々にして謙虚さを失い、傲慢さや慢心が生じて、ものごとを見たり聞いたりする際に自分に都合の良いように解釈してしまいます。こうなると、判断を誤ったり、気づく力が弱まり、結果として自身の成長にブレーキをかけてしまうことになります。

そうならないためには、「素直な心であり続けよう」と日々、自分に言い聞かせると同時に、周囲からの助言・忠告に耳を傾ける、そして一日の終わりに自分のあり方を振り返る、などを実践することが大切になります。

変化の時代を生き抜くために

変化の時代を生きる上で大切なことは、「必要度」を上げることです。社会が大きく変化して、既存事業が市場から必要とされる度合いが低下した企業は業績を落としています。今、大切なことは自らの必要度を上げること。これは企業だけではなく、個人にもあてはまります。一人ひとりが、所属する組織や社会から必要とされる度合いを高めていくことが大切であり、そのためには成長し続けないといけません。

次代の産業界を担う若手社員の方がたには、日々の仕事を通じて成長し、自らの「必要度」を上げながら、より良い社会づくりに貢献していただきたいと思います。

PHPの公開セミナー「若手社員研修」はこちら

的場正晃(まとば・まさあき)
PHP研究所人材開発企画部部長
1990年、慶應義塾大学商学部卒業。同年PHP研究所入社、研修局に配属。以後、一貫して研修事業に携わり、普及、企画、プログラム開発、講師活動に従事。2003年神戸大学大学院経営学研究科でミッション経営の研究を行ないMBA取得。中小企業診断士。

新着記事中堅/若手社員研修・教育

  • 中堅社員研修 意識革新コース(公開セミナー)
  • 若手社員研修 仕事力アップコース(公開セミナー)
  • 舘野泰一監修 若手社員のリーダーシップ開発研修
  • 若手・中堅社員研修DVDビデオ教材
  • 若手・中堅社員向け通信教育