平尾誠二著『理不尽に勝つ』

| コメント(0) | トラックバック(0)
神戸製鋼でラグビー日本選手権7連覇を達成し、ラグビー日本代表監督、日本サッカー協会理事を歴任。「ミスターラグビー」と呼ばれ、2016年に惜しまれつつ世を去った平尾誠二氏。その活躍の陰には、伏見工業高校での他の部員との軋轢、日本代表監督でのプレッシャーなど数々の試練があった。 平尾氏は「理不尽」を経験するからこそ、人は磨かれ成長する、と語っている。そしてリーダーとして選手や部下に「理不尽」を与えるならば、必ず成果に結びつけろ、と。リーダー必読の一冊。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://hrd.php.co.jp/mt-cms/mt-tb.cgi/6990

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.2

このブログ記事について

このページは、PHP人材開発が2019年11月 8日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中原淳著 『実践!フィードバック』~耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す「全技術」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。