タグ「メンター」が付け-られているもの

  • メンターによる新人育成の進め方と制度運用のポイント

    (2019年2月 5日更新)

    メンター制度は新入社員の離職防止とメンター自身の成長、さらには組織活性化にもつながります。実際の進め方と運用のポイントを解説します。

    続きを読む

  • メンター研修【事例】~新入社員を支援し、自らも成長するために

    (2018年5月17日更新)

    新入社員の成長を支援し、自らも成長するために求められるマインドとスキルを習得するためのメンター研修の企業事例をご紹介します。

     

    続きを読む

  • 新入社員研修 3カ年マスタープラン【事例】~企業理念を礎にした「本物のプロ社会人」を目指して

    (2018年2月27日更新)

    企業理念を礎にした「本物のプロ社会人」を目指し、早期自立と離職防止につなげる新入社員研修3カ年マスタープランの企業事例をご紹介します。

    続きを読む

  • 新入社員の受け入れ準備、すすんでいますか?

    (2016年12月 6日更新)

    人事部のみなさま、来春の新入社員研修の準備は万全でしょうか? 新入社員は希望と不安をもって入社式を迎えます。今回は、不安をやる気にかえ、実力を発揮してもらうための環境整備として、ぜひ準備していただきたいことについて述べたいと思います。

    続きを読む

  • 自律型人材の育成

    (2015年3月 6日更新)

    成功の方程式がない現代のビジネス社会にあって、「自律型人材」がますます求められています。では「自律型人材」とは、具体的にどのような人材を指すのでしょうか。また、「自律型人材」を育てるための研修はどのように実施すればいいのでしょうか。『実践 社員教育推進マニュアル』からの転載でご紹介します。

    続きを読む

  • メンター制度導入のポイント

    (2014年10月10日更新)

    メンター制度は、離職を防ぐことではなく、人を育てる風土を育てることが目的になります。制度導入のポイントを『実践 社員教育推進マニュアル』からの転載でご紹介します。

    続きを読む

  • ゆとり世代の新入社員育成とOJT

    (2014年3月28日更新)

    ゆとり世代とよばれる新入社員。彼ら新人の特徴と、早期離職を防ぎ、成長させていくための教育・研修のポイント、上司・先輩が考えておくべきことをご紹介します。

    続きを読む

  • 他者視点を育むフィードバック

    (2014年1月 9日更新)

    ゆとり世代と言われる最近の若者たちの傾向として、他者視点が欠落している人が多いと言われています。電車の中で化粧に熱中する若い女性、ヘッドホンから音漏れをしても一向に気がつかない若者、仕事に適さない身だしなみや髪型をしてくる新入社員……。

    続きを読む

  • メンター制度成功のポイント

    (2013年11月15日更新)

    社会人経験が10年以上の方の中には、「あの人のおかげで今の自分がある」と思える先輩と出会った経験がある方は多いのではないでしょうか。しかし、昨今では先輩が後輩を面倒見るという機能が弱体化してしまい、それが職場の人間関係の希薄化、モチベーションの低下、精神疾患の増加、などの弊害を生み出す要因になっていると指摘されています。

    続きを読む

  • メンタリングで新入社員と向き合うメリット

    (2013年3月11日更新)

    PHP通信ゼミナール『新入社員の指導・支援の実践コース』テキストから、新入社員を指導するにあたっての心構えを学ぶ連載の最終回です。新入社員教育で注目される「メンタリング」。その手法にはどういったメリットがあるのでしょうか。
     

    続きを読む

  • メンタリングと新入社員指導

    (2013年3月 6日更新)

    PHP通信ゼミナール『新入社員の指導・支援の実践コース』テキストから、新入社員を指導するにあたっての心構えとして、「メンタリング」手法について、具体的に解説します。

    続きを読む

  • 新入社員の指導員に指名されたら?

    (2013年2月25日更新)

    会社から新入社員の指導員に指名されたとき、どのような心構えで臨めばよいのでしょうか。
     

    続きを読む

  • 箱根駅伝に学ぶ大切なこと【コラム】~高橋かのん

    (2011年1月20日更新)

    2011年のスタートから半月。皆さま、いかがお過ごしですか。お正月は、心身共にゆっくりできましたか。私の年始恒例は「箱根駅伝を見ること」。2日の往路は実家のTVで、3日の復路は東京に戻り、沿道で応援しました。 

    続きを読む

1