タグ「社員教育体系」が付け-られているもの

  • 社員教育体系のつくり方

    (2017年11月 2日更新)

    経営戦略に基づく人材を育成するためには、階層別、職種別、目的別に教育テーマを抽出し、能力開発の方法を体系化する必要があります。ポイントをご紹介します。

    続きを読む

  • 社員教育体系 構築の手順

    (2017年10月30日更新)

    社員教育体系はタテ軸とヨコ軸の設定でフレームワークをつくることがポイントです。また、盛り込むものは、欲張らず、厳選したものだけにすること。構築の具体的な手順をご紹介します。

    続きを読む

  • 社員教育体系とは~人材育成の環境づくり

    (2017年10月25日更新)

    自社に最適な社員教育体系を構築するためには、まず、どこから手をつければいいのか。その基本となる考え方をご紹介します。

    続きを読む

  • 社員教育体系を構築する意義

    (2017年10月18日更新)

    社員教育体系を構築する意義はどこにあるのでしょうか。教育担当者としては、社員教育体系を構築する意義をしっかり押さえておく必要があります。

    続きを読む

  • 企業内大学(コーポレートユニバーシティー)とは

    (2014年7月 1日更新)

    近年の大企業の動向として、企業内大学(コーポレートユニバーシティー:CU)の設立が増えている。『実践 社員教育推進マニュアル』からご紹介します。

    続きを読む

  • 社員教育の方針を策定する

    (2014年6月16日更新)

    社員教育方針は、企業の視点・社員の視点から検討し、経営者・社員が納得できるようなものにしなければなりません。現場の教育ニーズや人材育成の課題をもとに、教育方針を策定するうえでポイントとなることは何でしょうか?

    続きを読む

  • 経営者ヒアリングと教育課題の抽出

    (2014年6月 6日更新)

    教育体系を構築するために、現場のニーズ調査とともに重要なのが、経営者からのヒアリングです。また、社内各方面から教育ニーズを収集したら、そこから教育課題を抽出していきます。『実践 社員教育推進マニュアル』よりその具体的な方法をご紹介します。

    続きを読む

  • 社員研修・教育のニーズをどう把握するか

    (2014年5月23日更新)

    経営トップの方針、想いや現場の問題を把握し、教育ニーズを発見して、教育を企画していくことは、人事教育・研修担当者の重要な任務です。『実践 社員教育推進マニュアル』よりその具体的な方法をご紹介します。

     

    続きを読む

  • 人材育成の課題と教育ニーズの明確化

    (2014年5月13日更新)

    経営ニーズや現場の問題を把握し、教育ニーズを発見して、教育を企画していくことが、人事教育・研修担当者の重要な任務です。そのためには、これからの人材育成の課題と教育の方向性をマクロ的視点から考察してみる必要があります。『実践 社員教育推進マニュアル』よりそのポイントをご紹介します。

    続きを読む

1