タグ「管理・監督者」が付け-られているもの

  • 戦略経営が機能しない理由【コラム】~円城寺美希

    (2015年6月23日更新)

    私の得意とする研修に、「受容度と成長度の人財育成」、「戦略構築と業績向上」、「リーダーシップと人間科学」があります。

    続きを読む

  • リーダーシップを育む―能力的要素と人間的要素

    (2015年6月19日更新)

    リーダーシップを発揮できる人材を育成するには? PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • 衆知を集めるマネジメント――ほんとうの傾聴とは

    (2015年5月22日更新)

    絶え間ない創造と変革が求められる現代の経営環境において、「衆知を集めるマネジメント」はますます重要となってきています。

    続きを読む

  • プロセスマネジメントにおける面接のポイント

    (2015年4月30日更新)

    プロセスマネジメントにおける「目標設定」と「達成過程での面接」の進め方を、PHP通信ゼミナール『リーダーシップ開発プログラム』(高橋健策 監修)のテキストからご紹介します。

    続きを読む

  • 管理者として失敗の原因を考える

    (2015年4月14日更新)

    仕事の成果が思うようにあがらなかったとき、うまくいかなかったとき、管理者として失敗の理由をどこに求めるべきでしょうか。原因帰属の考え方を、PHP通信ゼミナール『リーダーシップ開発プログラム』(高橋健策 監修)のテキストからご紹介します。

    続きを読む

  • 管理者に求められる姿勢と役割

    (2015年4月10日更新)

    管理者には、期待される役割とあるべき姿勢を理解し、経営の視点へと視野を広げ、リーダーシップを発揮することが求められます。しかし、ここに管理者として注意したい落とし穴があります。通信ゼミナール『リーダーシップ開発プログラム』(高橋健策 監修)のテキストからご紹介します。

    続きを読む

  • 次期リーダー抜擢のためのチェックシート

    (2015年2月27日更新)

    中堅社員の中から、次期リーダーとしてふさわしい社員を見出すためには、社員の誰が、どのような資質を強く保有しているのかをチェックする必要があります。そのためのツールとして「抜擢ポイントチェックシート」を『実践 社員教育推進マニュアル』からの転載でご紹介します。

    続きを読む

  • 管理者になるまでに身につけるべき4項目

    (2015年2月17日更新)

    人間力、責任と役割の自覚……管理者になるまでに身に付けるべき4項目をご紹介します。また、それを実現するためには、中堅社員研修やベテラン社員研修の重要性が増してくることは確実です。あわせて、それぞれの研修で教育すべきことを、『実践 社員教育推進マニュアル』から学びます。

    続きを読む

  • 部下の潜在能力を開発せよ

    (2015年2月10日更新)

    できる上司は氷山の一角の下を覗く――部下の潜在的な能力に目を向け、新たな仕事を与えたり、違った役割をさせたりすることで、それを発揮させるのができる上司です。インバスケット・コンサルタント第一人者・鳥原隆志氏の新刊『何が起こっても一瞬で対処できる上司が使う50のキーワード』から転載でご紹介します。

    続きを読む

  • 部下に嫌われても、ハードな仕事で能力を引き出せ

    (2015年1月29日更新)

    部下に嫌われても、能力を引き出す――これが、できる上司の鉄則です。インバスケット式できる上司の思考法・行動法を、『何が起こっても一瞬で対処できる上司が使う50のキーワード』(鳥原隆志著)からご紹介します。

    続きを読む

  • アンガーマネジメント―怒りの感情をコントロールしよう

    (2015年1月13日更新)

    怒りを中心とした感情に対する独自の見方と、それに基づく感情のコントロール法を、通信ゼミナール『リーダーのための心理学入門コース』のテキストからご紹介します。

    続きを読む

  • 部下への効果的なフィードバック

    (2015年1月 8日更新)

    部下に対して注意を与えたり指導したりする場合、その伝え方には工夫や配慮が必要です。伝え方によって、部下のモチベーションに影響することがあるからです。
    通信ゼミナール『リーダーのための心理学入門コース』のテキストからご紹介します。

    続きを読む

  • 管理者は具体的な目標や指示を!

    (2014年12月26日更新)

    課長の目標や指示が抽象的では、部下はどこに向かって行動すればよいのかわからず、やる気の示しようがありません。リーダー・管理者の役割は、目標や指示を「グ・タ・イ・テ・キ」にすることです。そのためのポイントを、通信ゼミナール『リーダーのための心理学入門コース』のテキストからご紹介します。

    続きを読む

  • 「考え抜く」訓練を――部長研修の目的【コラム】~星雄一

    (2014年12月15日更新)

    部長職を対象にした管理職研修では、「考え抜く」という自己訓練を経て、自分の「信念」や「ぶれない判断軸」を形づくっていくことの必要性に気づいてもらいたい――PHPゼミナール講師・星雄一のコラムです。

    続きを読む

  • マネージヤー(管理者)とリーダーの違い

    (2014年12月12日更新)

    「リーダー型マネージャー」は、権限重視だった従来のマネジメントの弱点を克服し、チーム・組織の総合力を最大限に高め、成果を生み出す管理者をいいます。これからの時代に必要とされる「リーダー型マネージャー」について解説します。
     

     

    続きを読む

  • 人材育成は管理職の責務【コラム】

    (2014年12月 8日更新)

    松下幸之助は「人材は、社会からの預かり物」だと考えていました。人材育成は企業が果たすべき大切な責務であり、それを任されているのが現場の第一線にいる管理職であるといえるでしょう。企画制作部・林順一のコラムです。

    続きを読む

  • 課長職に求められる3つの役割

    (2014年12月 3日更新)

    課長職には、業種・業態、規模の大小などにかかわらず、共通の本質的な3つの役割があります。この役割は、管理職に共通の項目ですが、部長職、課長職、係長職という役職によって内容・レベルが異なります。ここでは課長職の役割について、くわしくご紹介します。

    続きを読む

  • 管理職の悩みとジェネレーションギャップ【コラム】~町口正人

    (2014年10月20日更新)

    私は管理職を専門としたマネジメント、リーダーシップ、コミュニケーションを中心に研修をしています。研修で「部下との人間関係を築くためにどのようなことを行っていますか?」「また留意することは何ですか?」のテーマでのグループ討議を行います。その中で管理職からの悩みとして一番多いのは、若い社員との人間関係を築くのにどのようにしたら良いか分からないといった悩みです

    続きを読む

  • 変革リーダーはいかにして生まれるか

    (2014年9月17日更新)

    変革リーダーはどうすれば育成できるのでしょうか。PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • [組織マネジメント]人は合理性だけでは動かない

    (2014年9月 2日更新)

    組織マネジメントについて悩んだときには、「人間」を組織の真ん中において考えることにしているという佐藤剛氏(グロービス経営大学院教授)。最新刊『[実況]組織マネジメント教室』から、実践のためにポイントをご紹介します。
     

    続きを読む

   1   2   3   4   5   6   7   8   9