課長職にマネジメントの革新を!
RSS

成長の糧となる出会いを体験してもらいたい【PHP公開セミナー活⽤事例】

成長の糧となる出会いを体験してもらいたい【PHP公開セミナー活⽤事例】

(2018年2月13日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

「人は五感で学んで成長するものです。当社の未来を担っていくリーダーには、成長の糧となる出会いを体験してもらいたい」と語る渡邊社長。80周年を迎えたワタナベフーマック株式会社様の人材開発についてお話をうかがいました。

お客様事例:ワタナベフーマック株式会社

 

・設立: 1955年

・事業内容

(1)ミート・ハムスライサー、冷凍スライサー、ミートチョッパー、高速スライサーの開発・製造・販売

(2)食品加工場のエンジニアリング事業

(3)その他食肉水産加工機の開発・製造・販売

・事業所

〈本社〉名古屋市中川区露橋2丁目12番26号

〈営業所〉東京、横浜、仙台、盛岡、名古屋、松本、砺波、札幌、旭川

・従業員数:147名(2017年12月現在)

 

食肉スライサーの分野で国内シェアの約4割を占めるワタナベフーマック株式会社様。1938年の創業以来、「肉を切る」技術を磨きつづけ、2018年には創業80周年を迎えられました。また近年では、海外ニーズの高まりを受けて、中国や東南アジア、オセアニアなどに代理店を設け、グローバル展開を図っておられます。

80周年を機に社長に就任された渡辺将博氏も、若手の頃に上海に赴き、現地での仕事に取り組まれた経験があるそうです。商習慣の違いなどから仕事では苦労をされたそうですが、現地では、第一線で活躍している異業種の人との交流があり、そこから学ぶものが非常に大きかったと振り返っておられます。

「人は五感で学んで成長する」――当時の経験から得たものは、同社の人材育成にしっかりと生かされています。

 

※続きは、ホワイトペーパー(PDF)をダウンロードしてお読みください。

 

ワタナベフーマック様研修ご活用事例

 

研修事例ダウンロード


企業研修事例・実績 最新記事

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ