課長職にマネジメントの革新を!
RSS

社員研修・教育

社員研修・教育の最新記事一覧

  • 中堅社員層が抱える仕事上の課題【コラム】~染屋光宏

    (2011年3月25日更新)

    昨年12月より、『中堅社員意識革新コース(京都開催)』を担当しています。

    「中堅社員」と聞いて思い浮かべるイメージは様々かと思いますが、受講生の多くは、入社4~10年前後の方々であり、組織内で中核として活躍している、あるいは将来的に活躍が期待される方々です。

    続きを読む

  • 「用意」と「卒意」

    (2011年3月23日更新)

    茶道の用語に「用意」と「卒意」があります。用意とは、客人をもてなすために主人があらかじめ行う準備のことを言い、卒意とは主人のもてなしに応えるために客人に求められる心構えや行動のことを言います。 

    続きを読む

  • 松下幸之助 物をつくる前にまず人をつくる

    (2011年3月16日更新)

    「せっかく新入社員教育を行なっても、いざ職場に配属されると、効果が長続きしない……」
    企業の人事教育担当者の方から、こんな言葉をよく耳にします。それは、職場の上司・先輩に基本が徹底できていないという問題が、根強く残っているからです。 

    続きを読む

  • GROWモデルの活用方法

    (2011年3月15日更新)

    前回まで、GROWモデルの各要素を説明してきました。今回はその締めくくりとして、GROWモデルの使い方について若干の補足説明をさせていただきます。 

    続きを読む

  • 「人生の基礎体力」とその基本【コラム】~辻騎志

    (2011年2月18日更新)

    20年以上企業研修をしてきていつも感じてきたことは、「基本の出来ている人が極めて少ない」ということです。多くの企業が、スポーツに例えるなら、基礎体力がない人間をバッターボックスに立たせ「ホームランを打て!」と指示しているようなものです。 

    続きを読む

  • GROWモデル~ウィル

    (2011年2月17日更新)

     

    GROWモデルの5つ目は、「ウィル(意思)」です。相手(クライアント)の明確な「やる気」「意思」を確認するのがこの段階です。

    続きを読む

  • 若者の早期離職 ミスマッチをどう防ぐ?

    (2011年2月 2日更新)

     「皆さんの会社に新入社員が入ってきます。入ってきた人はこの会社を辞めようと思っているような人は一人もいないんです。なぜ、そんなふう(会社を辞めようと思う)になってくるんでしょうか。それはですね、こちら側の責任なんですね。上司の責任なんです。社長の責任なんです」

     

      

    続きを読む

  • 箱根駅伝に学ぶ大切なこと【コラム】~高橋かのん

    (2011年1月20日更新)

    2011年のスタートから半月。皆さま、いかがお過ごしですか。お正月は、心身共にゆっくりできましたか。私の年始恒例は「箱根駅伝を見ること」。2日の往路は実家のTVで、3日の復路は東京に戻り、沿道で応援しました。 

    続きを読む

  • GROWモデル~オプションズ

    (2011年1月12日更新)

    GROWモデルの4番目の「オプションズ」は、「選択肢」という意味で、いわゆる方法論とか、やり方、道筋、手順・段取りといった意味あいです。「オプションズ」と複数形になっているように、できるだけたくさんの方法を考え、その中でベストはどれか、2番目、3番目はどれか、と考えておくことが大切です。 

     

    続きを読む

  • GROWモデル~リソース

    (2010年12月10日更新)

    GROWモデルの3つ目は、「リソース」です。リソース(資源)とは、問題解決や目標達成に役立つものすべてを指す言葉で、コーチングではよく使います。

    続きを読む

  • クレームはチャンスです!【コラム】~大野久美子

    (2010年11月18日更新)

    ここ数年クレーム対応研修の依頼は病院、学校、役所等の公的機関と、以前では考えられない業種・業態まで広がりを見せています。

    続きを読む

  • GROWモデル~リアリティ

    (2010年11月10日更新)

    ゴールが明らかになったら、次は「現実・現状」です。この「現実・現状」を明らかにすることによって、ゴールとの距離やその間に横たわるさまざまな「障害」が浮かび上がってきます。

    続きを読む