課長職にマネジメントの革新を!
RSS

「決断力」が若手の成長を加速させる

「決断力」が若手の成長を加速させる

(2018年9月 3日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

若手社員の育成に課題を抱える企業が多くなっています。各企業が「働き方改革」に取り組むなか、若手の成長は待ったなし。一日も早く戦力になってもらうには、何が必要なのでしょうか。

 

*   *   *

 

「働き方改革」で若手社員の育成は待ったなし!

各企業が「働き方改革」に取り組むなか、残業削減と生産性向上が盛んに叫ばれるようになりました。特に中小企業では、働き手の確保が難しいという問題もあって、若手社員にも一日も早く自律的に仕事を進めるスキルを身につけ、戦力となってもらわなくてはなりません。

ところが、先輩社員や上司のなかには、若手社員の育成について悩みを抱える人が多いようです。仕事が遅い、細かなミスが多い、なかなか成長しない、叱るとすぐにメンタル不全に陥る、辞めてしまうといった問題は、業種や規模を越えて、多くの企業に共通する若手社員の育成における悩みになっています。

一方、若手社員からは、アレもコレも片付けないといけない仕事は山ほどあるのに、どれから手をつければいいかわからない。スケジュールを考えて仕事をしているはずなのに、なぜかいつも残業になってしまう、という声を聞くことがあります。

彼らに質の高いスピーディな仕事をしてもらうためのポイントはどこにあるのでしょうか。

 

仕事の効率化の土台は「決断力」

仕事の効率化という言葉をよく耳にしますが、仕事を効率化するとは、同じ量の仕事を質を変えずに短時間でやり遂げることです。

同じ目的地であっても、遠回りをし、ムダに寄り道をしていたら、なかなかたどり着くことができないでしょう。結果は同じだとしても、プロセス(過程)により、大きな違いが出るのです。どの道を通ったら、最短時間でたどり着くことができるのか、それは仕事でも同じことです。近道を通って(といってもラクをするのとはちょっと違います)、目的地(結果)にたどり着くための力がつけば、仕事は速くなります。その土台になるのが「決断力」なのです。

 

なぜ「決断力」で仕事が速くなるのか?

では、なぜ「決断力」が効率の良い仕事の土台になるのでしょうか。それは、どの仕事を「今」するべきか、どちらの仕事のほうを優先するべきか、だれに会いにいけばよいのか、だれと交渉すればよいのか、どの企業をターゲットとして営業していくのか……、それらをすべて決定していく力が「決断力」だからです。

目先のスケジュールに追われて仕事をするのではなく、全体を視野に入れて、今自分は何をすればよいのかを考え、決断し、実行する。実行を伴った決断こそが、本当の決断力なのです。

本来ならやらなくてもいい仕事をする、効率化を優先したために調査不足で一からやり直すなど、これらは情報を選び、最適な方法を見つけ出す「決断力」がないせいなのです。「これはきちんと調べてからやる」「これは他の人の手を借りて行う」と瞬時に決断し、実行することが仕事の効率化につながるのです。

 

「決断力」を身につけるトレーニング

もともと決断力が備わっていない若手社員は、どうすればいいのかと思う方もいることでしょう。しかし、決断力は生まれつき身についているものではありません。必ずだれでも、あとから身につけることができます。

ただし、身につけるためには1つだけ条件があります。それは「意識して決断すること」です。

決断力のない人の特徴は、あまり考えずに行動してしまうことです。たとえば「いつもの通勤コース」「いつもの昼の定食」「いつもの待ち合わせ場所」「いつものテレビ番組」など、自分で意識して決めるのではなく、“いつもそうしているから”という理由で行動しがちです。

これらのような日常の些細なことも含めて、すべてにおいて意識して決めることが何よりも大切です。言い換えれば、意識して小さなことでも決めていけば決断力は自然に身についていくものなのです。

たとえば、「昼食」です。若手社員に限らず、おそらく大半の人は、すでに決まったパターンで特に意識せずに決めています。しかし「今日もA定食でいいか」と安易に決めてしまってはいけません。「今日は魚が食べたいな。よし魚の入っているBランチにするぞ」と「決断する」ことを意識して注文します。日常のこのような小さな積み重ねが決断力を身につけることにつながるのです。

 

決める+実行する=決断力

決断とは、Aにする、Bにするというように、何かをきっぱりと決めることです。そして、何かを自分で決めて、何があってもそれを実行していくという行動力とセットになったものが「決断力」です。

決断力には、決断したことを誰が何と言っても最後までやり遂げる力、意思の力が欠かせません。つまり「決める+実行する=決断力」なのです。

「決める」ことの次に「行う」「続ける」ことで成果を生み、その成果が「できる」という自信となり、若手社員の決断力強化につながっていくのです。

※本記事は、PHP通信ゼミナール「スピード仕事術マスターコース」のテキストを抜粋・編集して制作しました。

 

 

若手社員研修

 


 

<監修者>

松本幸夫(まつもと・ゆきお)

人材育成コンサルタント。1958年、東京生まれ。「最短でできる人をつくるプロ」として、最前線を走り続けている。マスコミや流通、通信、製薬、保険、電気、金融、食品といった業界で指導を行い、営業をはじめとするあらゆる職種のプロを育成することに定評がある。自らスピード仕事術を実践。年間220回の研修、講演活動を行い、そのリピート率は92%を超える。NHKなどのテレビ出演も精力的にこなす。ベストセラーとなった『とにかく短時間で仕事をする!コツ』(スバル舎)、『仕事が10倍速くなるすごい!法』『仕事が10倍早くなるすごい!法』(三笠書房)など著書は220冊を超える。

 


若手・中堅社員研修 最新記事

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ