課長職にマネジメントの革新を!
RSS

人材育成の視点

人材育成の視点の最新記事一覧

  • イノベーションリーダーの条件(1)~白紙に戻して考える

    (2015年3月 2日更新)

    変化に対応しながら変貌を遂げていく企業だけが生き残れる現代において、イノベーションを創造するリーダーの存在は不可欠といえるでしょう。松下幸之助のエピソードをひもときながら、イノベーションリーダーの条件を考える、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラム、3回連載の第1回です。

    続きを読む

  • 「信じる力」が成長の原点

    (2015年1月19日更新)

    相手の可能性を信じ、信念をもって「自分を信じろ」という声かけを続けること――テニスの錦織圭選手の躍進を支えた言葉について、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • スポンサーシップという考え方~第2ステージに入った女性活躍支援

    (2014年12月 9日更新)

    「女性の活躍支援」については、本年度、人材マネジメント上の大きなテーマとして多くの企業で取り組みがみられました。本テーマについては、今後、明確な目標設定が求められるようになるという、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。 

    続きを読む

  • やる気について考える――ヒーローを生み出す職場環境とは

    (2014年11月17日更新)

    人は自分の努力や成果が認められた時に、やる気が上がるものです。「ヒーローインタビュー」という研修手法は、それを応用しています。やる気と活気に満ちあふれた職場をつくるためには……PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。
     

    続きを読む

  • PDCAサイクルと経験学習

    (2014年10月17日更新)

    PDCAサイクルに則って日々の仕事をきっちり回すよう指導することが、経験を通じて成長する人をつくる――PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • 変革リーダーはいかにして生まれるか

    (2014年9月17日更新)

    変革リーダーはどうすれば育成できるのでしょうか。PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • ゆとり世代の「基礎力」をいかにして高めるか

    (2014年9月 1日更新)

    ゆとり世代を育てるためには、まず考える癖をつけさせることが肝要です。企業における人材育成も、ゆとり世代の受け入れを機会に、基礎教育に力を入れざるを得ない状況になってきています。PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • 内定式は、いかにあるべきか

    (2014年8月14日更新)

    会社からのメッセージ性が感じられる内定式は、内定辞退の防止、入社後の定着率の向上など、人を活かし育てる循環をつくる最初のきっかけになります。内定式のポイントについて、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • シニア社員活性化のポイント

    (2014年7月31日更新)

    シニア社員の活用・活性化が、今後の企業経営のカギを握るといっても過言ではありません。そのポイントについて、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • 価値観の共有による人材育成

    (2014年7月18日更新)

    モチベーション・クライシスと言われる昨今の経営環境のもと、価値観の共有化を目指した人材育成に取り組む企業が増えてきました。PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • ロジカルシンキングの重要性

    (2014年7月 3日更新)

    変化の激しい時代には、仮説を立て論理的に物事を考える能力が求められます。「ロジカルシンキング」について、PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む

  • 「自ら育つ力」を高めるセルフ・コーチング

    (2014年6月19日更新)

    セルフ・コーチングは、激変する現代のビジネス社会においてこそ求められます。PHP研究所研修事業部長・的場正晃のコラムです。

    続きを読む