課長職にマネジメントの革新を!
RSS

研修講師――困ったときのQ&A

研修講師――困ったときのQ&A

(2016年7月29日更新)

 
  • はてなブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • Check

研修講師はあらかじめ想定されるトラブルを列記しておくことで、心の準備ができます。起こりうるトラブルをご紹介します。

 

*   *   *

 

Q 研修の受講を拒否された

教育は、社員にとって権利であり、義務でもあると言える。消火対策と防火対策を。

消火:業務命令違反として、厳粛に対応

防火:規程、ルールの整備と運用

 

Q 参加人数が少なすぎるとき、多すぎるとき

基本的に、参加者個々人には、全体の人数と自身の学習は関係ない。少なければアットホームな雰囲気になる。多ければ、全体の盛り上がりを活用できる。それぞれのメリットを最大限に活かすこと。一方、デメリットのカバーにも配慮する(少ないときは例を活用して経験を補う、多いときはペアワークを活用して個に対応するなど)。

 

Q 反抗的な受講者への対応

反抗するにも訳がある。一喝しても何らメリットなし。意識的に視線を向けることから始めたり、比較的答えやすい質問を投げかける。その中から態度の理由がつかめる場合もある。なすべきことと失うもの、コントロールできることと、できないことを区別する。

 

Q 私語をする参加者

全員の中で注意すると萎縮される。私語をしている人のほうを向いて、質問を促す。

 

Q 居眠りする参加者

講師の責任も自覚する。全体の雰囲気を読んで、早めに対処することも大切。内容が難しすぎないかを確認し、参加型のインストラクションや、軽い体操、休憩を活用する。眠ってしまっている人には、その前後左右の受講者に簡単な質問をして、刺激を与える。寝ている人を露骨に注意することは、雰囲気を悪くすることがあるので要注意。参加者にガムを配付する講師もいるなど、講師はみな工夫している。

 

Q 時間が足りないとき

時間が余ることを恐れず、レッスンプランはゆとりをもって組んでおく。また、項目ごとに時間管理を行うようにしておく。最後には、大胆に話す内容を省略する(レジメに載せていない項目は、それが分からない)。

  

Q 時間が余りそうなとき

各項目のまとめの討議をうまく活用する。

 

Q 難しい質問に対して

疑問の質問にせよ、意見の質問にせよ、参加者の理解を深めるためになる質問は大切。質問への回答は基本的に、参加者全体に対して行うものである。しかし、対応が困難な場合は、つい質問者だけに対応しがちになるので注意すること。

 

・真意が不明な質問→よく問い直して、真意を明らかにしてから回答する

・調べる必要がある質問→即答できないことを伝え、後で調べて回答すると伝えるか、調べ方を伝える

・考える必要がある質問→参加者の意見を聴くのもひとつの手

・専門外の質問→専門外であると伝えて回答を断るか、専門外であると断ってから回答

・個人的な相談での質問→簡単に答えられそうにない場合は、別に機会を設ける

・批判的な質問→いったん受け止める、他の参加者の意見を取り入れるのもひとつの方法

 

 

※出典:『[実践]社員教育推進マニュアル』(2009年1月・PHP研究所発行)

 


 

≪PR≫

研修インストラクター養成講座

公開セミナー「研修インストラクター養成講座」

講師からの個別指導と受講者同士の相互研鑽を学習の柱とした少人数制の本格講座です。企業(団体)内研修講師としての基本を身につけたい方のご参加をお待ちしています。

 

 

 
講師派遣セミナー
PHPゼミナールのオリジナルプログラムで、ご希望の研修会場に講師を派遣して研修を実施します。
貴社教育計画の策定のご参考に、ぜひダウンロードしてご覧ください。
 
 

 
【著者プロフィール】
茅切伸明(かやきり・のぶあき) 
株式会社ヒューマンプロデュース・ジャパン 代表取締役。
慶應義塾大学商学部卒業後、(株)三貴入社。 その後、(株)日本エル・シー・エー入社。 平成1年3月 住友銀行グループ 住友ビジネスコンサルテイング(株)(現SMBC コンサルティング(株))入社。セミナー事業部にて、ビジネスセミナーを年間200 以上、企業内研修を50以上担当し、他社のセミナーを年間50以上受講する。 平成18年4月 (株)ヒューマンプロデュース・ジャパンを設立。「本物の教育」「本物の講師」「本物の教育担当者」をプロデュースするという理念を掲げ、現在まで年間500以上、累計8,000以上のセミナー・研修をプロデュースするとともに、セミナー会社・研修会社のコンサルティング、セミナー事業の立ち上げ、企業の教育体系の構築なども手掛ける。 
著書に、『実践社員教育推進マニュアル』、通信教育『メンタリングで共に成長する新入社員指導・支援の実践コース』(以上、PHP研究所)、『だれでも一流講師になれる71のルール』(税務経理協会) 
 
 
松下直子(まつした・なおこ) 
株式会社オフィスあん 代表取締役。社会保険労務士、人事コンサルタント。 
神戸大学卒業後、江崎グリコ(株)に入社。新規開拓の営業職、報道担当の広報職、人事労務職を歴任。現在は、社会保険労務士、人事コンサルタントとして顧問先の指導にあたる一方、民間企業や自治体からの研修・セミナー依頼に応え、全国各地を愛車のバイクで巡回する。
「人事屋」であることを生涯のライフワークと決意し、経営者や人事担当者の支援に意欲的に向き合うかたわら、人事部門の交流の場「庵(いおり)」の定期開催や、新人社会保険労務士の独立を支援するシェアオフィス「AZ合同事務所」の経営など、幅広く人材育成に携わっている。
著書に、『実践社員教育推進マニュアル』『人事・総務マネジメント法律必携』(ともにPHP研究所) 、『採用・面接で[採ってはいけない人]の見きわめ方』『部下育成にもっと自信がつく本』(ともに同文舘出版)ほか。

メールマガジン

更新情報をメルマガで!ご登録はこちらからどうぞ